ねこからの贈り物

チャッピーが窓から家に入ってくる方法を覚えた。

こりゃ、私達からすると好都合。
いちいちドアを開け閉めしなくていいんだから。

なんて思ってたんだけども、
外から「みゃーみゃーみゃー」といつもより甘い声が聞こえる。

チャッピー、ご機嫌やなー なんて思ってたんですが
窓をよじ登ろうとした、そのチャッピーの口には

ぐったりした小鳥。

口に鳥くわえてるから、よじ登り失敗。

のー! お願いだから、入ってこないで!

なぜかリュックの上に座るのがお気に入り。

鳥好きの私には複雑な心境。

あんなにシャイで、1年以上も近づいてくれなかったチャッピー。

贈り物持ってきてくれたってことは、心を開いてくれたってことだよね。
それはありがとう。チャッピー。
でもその贈り物、人間にはどうすればいいのか。

わからないのだよ、チャッピー。