職場がMatakanaにあるので、オークランドではそこそこ有名な

Matakana Market(Facebook page)

に寄ってから出勤することがあります。

ちょっと前にユカがオリーブオイル屋さんについて書いたのもここからです。

 

いつも出ている八百屋さんがありまして、旬の野菜・果物を見るのが楽しいんですが、先日NZで初めて見るモノが売ってました。

 

タケノコ

です。

こっちじゃ、ほっそ~い竹しかみたことなかったのでタケノコが採れるなんぞ考えたことなかったです。

たしかにこれら売ってたのも細いんですが、売り物になるくらいなんで大丈夫やろ!と高を括って購入することに。1本2ドルでした。お買い得かな?

僕は調理師ですが、和食職人ではないし自宅でもタケノコを処理したことなぞなく、初めてのタケノコ処理経験と相成りました。

姿も露わに

 

皮むき、あく抜きをして、しばらく酢水につけておきました。

友達とBBQする予定があって、そこで丸焼きをしてやろうと思ってたのにすっかり忘れてしまって結局後日に醤油バター炒めをしたんですがこれが旨かった!

少し余ったので、炊き込みご飯に混ぜてもみようと思ってます。

 

残念ながら、僕が買ったのがシーズン最後で次はいつになるかわからないと言われました。

Takapuna Marketでも出店してるらしいので、そこで見たことある方もいるかもしれませんね。

今後もまたあれば是非買おうと思う。いやむしろ、掘りに行きたい!

 

オークランド国際空港にこんなのあるの知ってます?

到着ゲートを出てすぐの、吹き抜けになってる天井に展示された飛行機

駐車場でいつもお出迎え、お見送りをしてくれるこの銅像。

このお方は Jean Batten ジーン・バテン

ロトルア出身のNZの誇る女性飛行士です。

そして天井に展示されていたのはジーンさんが乗っていた飛行機。

何がすごいって、 ジーンさん、
数々の単独飛行の世界記録を出しています。

例えば、、、
1935年 イギリスからブラジルへの単独飛行
1936年 イギリスからニュージーランドへの初単独飛行成功  などなど。

しかもジーンさんは26歳にしてこの記録を残しています。すごい。

もっと詳しく知りたい方は
空港2階のフードコートの横にもう少し詳しいことが展示されているのでチェックしてみて下さい。

写真では読みづらいのでぜひ行って見てみて下さい。

オークランド国際空港になかなか行けない方はこちらのwikipediaをどうぞ↓
https://en.wikipedia.org/wiki/Jean_Batten

 

オークランド国際空港ターミナルは
「ジーン・バテン国際線ターミナル」 と名付けられているんです。

私、オークランドに来て6年にして初めて知りました。
空港にも数え切れないほど行ってたんですが。

いつも見過ごしていたところに
新しい発見が隠れているものですね。

 

NZ歴代3代目になる女性の首相、ジェシンダ・アーダンも誕生しましたし
NZの女性はとってもたくましい!

私も頑張ろー!

 

 

 

[easy_panorama id=”906″]
初めてパノラマ写真をアップしました、ちゃんと見えてるかなぁ?

 

6月から就職した、北オークランドのマタカナというところのレストランにてようやく今月からフルタイム契約に切り替えてもらいました。

そのため、先月まで3つ掛け持ちしていたところの1つを辞めまして、もう一つを週1にしてあとはこのマタカナで働いてます。

夏を控えて忙しくなり始めたのと、2人退職するための補充もままならず、オマケに来るはずの新人がビザの関係でもうしばらく仕事に来れないということでいきなり2ポジション昇格でメイン料理の仕事をさせてもらうことになり、今までとは仕事量と責任がえらい増えました。ありがたいこってす。肩書はそのままですが。

1人はもうすでに退職していて、明日にはもう一人の奴が最後の日ということで、キッチンチームで敷地内の丘の上に行きました。

それが最初のパノラマ写真なんですが、すごいええ景色でありました。

敷地内にはワイナリーと彫刻の庭があります。

なにか意味があるようですが、まだわかりません。そのうち聞いときます

 

いやー、そういや今朝出勤したらば、ドえらい寒くて手足の先が痺れるくらい。どうやら10度を切ってたようです。そら寒いわ。で、日中はこのとおりむちゃくちゃ天気よくまるで朝は冬・昼は夏でした。

ついに来ましたな!NZの夏。

DOCに電話しました。

DOCとは Department of Conservation

ニュージーランドの自然保護局 です。

希少な鳥。NZに1700羽ほどしかいないらしい。

なぜ電話したかといいますと

NZに約1,700羽しかいない希少な鳥の巣を発見したからです。

その鳥は

New Zealand Dotterel ニュージーランドドッテレル

 

信じられませんでしたが、これが巣。

NZ Dotterelの巣 at Waiwera beach

超簡素、そして無防備。親は不在?

ここのビーチはドッテレルの住処として知られているので
通常、毎年、産卵期にこの囲いを目にします。
囲いは巣を守るために設置されています。

この鳥の存在を知るまでは
私は鳥というのは卵をずーっと抱えて温めてるもんだと思っていたんです。

が、この鳥は、危険が迫ると大切な卵やヒナを外敵から守るために
自ら囮となって、卵から離れる習性があります。

そして、さらに外敵の気をそらすために
怪我をしたふり をするのです!

先日、「今年もDotterelの囲いができる季節だなー」なんて思いながら
ビーチを歩いてたら、なんとその行動をやり始めた。

いきなりのことで写真は撮れませんでしたが、
「あ、腕(翼)が折れちゃったわ!」っていう感じで
片方の翼を半開きにして、痛そうな感じで歩くのです。

演技派!

でも、囲われてる巣から離れてるのにこの行動をするのはなぜ?
そういえばDOCのパンフレットに書いてあった。
この行動をするときは近くに巣がある可能性がありますって。

もしかして、本当に近くに巣があるのかも!

そう思って、うっかり踏んでしまわないように気をつけて歩いて観察してたら

本当にあったのですよ、巣が!
卵も2つ。

河口のビーチのど真ん中。
こんなところ、うっかり散歩してる人が踏んだり、ボート出すための車も通るし
たまに乗馬もしてるし、めっちゃ危ない。

これは元々あった巣。河口の近くで、巣の向こう側には車の通った後も。

ということで、勇気を出してDOCへ電話しました。

電話番号はDOCのHPで見つけました。

・まだ守られてない巣があること
・ビーチの名前と巣の大体の位置
(具体的な場所を伝えるのはちょっと難しかった。。。)
・私の連絡先

を伝えて、レポート終了。

レンジャーを派遣してくれるとのこと。
私にできることはこれで終わり。
あとはそのまま、鳥を刺激しないようにしておいてとのこと。

 

心配でしたが、その2日後にはちゃんと囲いできてました。結構仕事早い。

NZ Dotterel。双眼鏡を使って、遠くから写真を撮ってみました。

あんまり近づくと、鳥にストレスを与えるし
卵から離れている時間が長いと
最悪の場合、卵が冷えたり熱くなりすぎたりして死んでしまうそう。

見るときは遠くから見守ってあげて下さい。

私も双眼鏡で一定の距離を保ちながら見守っております。

 

ヒナがみられるのが楽しみですわー。

 

 

参考にしました。ドッテレルについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
DOC のHP より NZ dotterel/tuturiwhatu
http://www.doc.govt.nz/nature/native-animals/birds/birds-a-z/nz-dotterel-tuturiwhatu/

先月、9月で滞在10年になりました。

一区切りついた気がしますな、10という数字は。

 

10年といえばNZの運転免許証の期限は10年なので、ついに更新の時期がきたワケですよ。

来てすぐに運転免許を取りに行ったんですが、当時は筆記と実技を受けないとフルライセンスが取れなかったんですよね。何年か前に2年以上日本の免許証を保持してれば試験なしに書き換えができるようになってます。

そうそう、当時すごい不満に思ってたこと。

左側通行の日本は試験が必要だったのに、右側通行のいくつかの国は試験免除で書き換えれてたのが、全く腑に落ちなかったなぁ。

まぁそこはもう英語の関門と割り切ったもんです。筆記は友達がくれた自作のパソコン模擬試験のおかげで一発合格。その時点で仮免許(リストリクテッド)が発行され、実技試験を受けてフルライセンスになったんですが、当時持ってた国際免許証の期限切れ近くで実技試験を受けに行きました。しかし実技を2度落ちるという無様な結果で・・・3度目で合格。

試験免除の人を羨む思いもありますが、試験に受かる喜びはあったなぁ。

 

さてさて先日、その更新の知らせが来たので、AAに行って来ました。

申請用紙

 

更新は非常にシンプル。

現在の免許証と普段つけてるメガネと更新料金43.99ドル、以上でした。

用紙に必要事項を書き、受付で視力検査・写真撮影そして、はい!完了。

となるはずが、ちょっと視力検査で難がありました。

カウンターに検査機が設置されてるんですが、それを覗いてそこに書いてある文字を読み取る、それは普通のモノに思ったんですが、初めて見る形式。7行x2列のアルファベットが見える。

でもいざその文字を読んでみると受付の人と噛み合わない。

「3行目を言ってください」

と言われ、8個のアルファベットを読む僕。

でも、受付の女性は

「もう一列あるでしょ?そこも読んで」

っていうけど僕にはそれ以上何も見えない。

「ちゃんと見えていないのなら眼鏡屋さんで検査してもらってもう一度出直してください」

と言われる。20ドルくらいかかるらしく、また来ないといかんのか・・面倒なことになったなぁ。

 

でもとりあえず何故か写真撮影をすることに。

相変わらず写真はコンデジで1枚だけ撮って、こちらには見せてくれず受付の人がいいと判断するだけ。

そしてカウンターに戻り、仮の紙の免許証を書き始める受付の女性。すると、しまった!という反応をしてるのでなにかと思えば、

「本当は眼鏡屋さんで視力検査してきてからでないと交付しちゃいけないのに、これ(紙の免許証)書いてしまったから、もう一度ここで検査しましょう!」

念のため受付の人が機械を覗いてみたら何も問題ないね、と。

そんでから覗き直して焦点をずらしたりすると、たしかに3列あった!

 

乱視のせいか、(老眼のせいか)、ようわからんけどとにかくどうにか読み取ると無事更新完了できた!

 

おかげさんで次の更新は2027年です。えらい未来に感じる数字ですな。

 

いやー、忙しくないオレワのAAに行ってよかったかも。これがもしオークランドシティ周辺のAAやったら検査でまごついてたら冷たくあしらわれた挙句、問答無用で出直しの可能性が高かったかもしれません。

 

そういえば日本の免許証も所持していますが、更新の煩わしさが嫌で前回の帰国で更新に行かず、現在失効中です。

もう失効させてNZからの国際免許証でいいかなと思ってたけど、実家の車に乗れないとか、身分証明がパスポートだけになるという不便に気づいたので、完全失効する2年以内には更新に行こうと思っています。

オークランドから車で国道1号線をずーっと北上し、約1時間30分程でしょうか。

Kaiwaka カイワカ という小さな町があります。

 

ワイポウアフォレストのカウリツアーのときに通過する町なのですが、
ここにある謎の鳩っぽい建物がずーーーっと気になっていたので停まってみました。

鳥の建物は、前の道が工事中で入りづらかったので立ち寄れず、
写真も撮り損ね、結局何だかわかりませんでした。。。
(知っている方いたら教えて下さい。なぜか気になるのです。)

が、偶然こんなところ見つけました。

Kaiwaka Cheese Shop カイワカ・チーズショップ
http://www.cheese-shop.co.nz/

 

オークランド方面からだと、謎の鳥の建物を通り過ぎ、小さな橋を渡ってすぐにあるこのお店。

全然気にしたことなかった。

入ってみる。

 

オーガニックの商品や、ワインなどが売られています。

それも素敵でしたが、目をひいたのはここ。

たくさんのチーズ!

定番のパルメザンやチェダーもあれば
アニメでネズミが食べてるようなチーズ

緑色のチーズも!

緑色のチーズはワサビとバジル。

紫色のラベンダーチーズなんてのもありましたよ。

 

チーズはオランダから輸入したものやニュージーランドのものが置いてあるそう。
ここで作っているわけではないそうです。

聞いたら試食させてくれました。

バジルを試食。バジルの香りする!

そのままでも十分美味しー。パスタやピザ、サラダにかけたらもっと美味しそう。

はい。買いました。

Basil Paste のチーズ。

見た目は石鹸のようですが、本物のチーズです。

このチーズがいつもあるかは分かりません。。。
でもスモークチーズも試食したらおいしかったし、すべておいしそうでした。
また行って、他のチーズもぜひ試したいと思います。

 

北島の北部へ行く際は、ぜひお試しあれ!

 

 

 

 

お友達のAtelier PazzescoのNaoさんに教わって、タイルクラフトに挑戦しました。

たくさんの小さなタイル

時間もあったので、コーナーシェルフに挑戦。

木のシェルフの土台にタイルをランダムに置いて、配列を考えます。

 

下書きをしてもよかったのですが、ズボラなもので

そのまま気になるタイルをのせていきました。

初めは「鳥をイメージしたい」とか言ってたのに

いじっているうちに、路線は変わり「朝のビーチ」 になりました。

 

テーマとデザインを考えるのに一番時間がかかった。。。

 

では次に、並べたタイルを固定するためにボンドで土台にくっ付けていきます。

空とビーチ、そして右側に鳥の巣があるよーなイメージです。

ボンドを乾かすついでにお昼を食べたりお話をしたり、、、

時間も結構経ち、ある程度乾いたので目地を入れます。

 

そして最後に

タイルがきれいに出てくるように濡れたスポンジで優しくなでて、、、

完成!

 

こんな風になりました↓

完成品

 

ボンドで張り付けてるときはどうなるものかと心配しましたが、

出来上がってみたら、びっくり!

素敵になりました!

 

 

 

タイルクラフトは思っていたより簡単。そしてかわいい!

ぜひまたやりたーい!

 

Naoさんありがとうございました!

*もし、やってみたい!という方はこちらをチェックしてみて下さい。
オークランドでワークショップもされてますよ。

Atelier Pazzesco (アトリエぱぜすこ)
https://www.facebook.com/naotilecathsd/?ref=bookmarks