ポール・マッカートニーコンサートレポートの続きです。もう公演から2週間ちかく過ぎましたが、これで最後です!

 

 

  • Something (The Beatles song)
  • A Day in the Life (The Beatles song) (with “Give Peace a Chance” outro)
  • Ob-La-Di, Ob-La-Da (The Beatles song)
  • Band on the Run (Wings song)
  • Back in the U.S.S.R. (The Beatles song)
  • Let It Be (The Beatles song)
  • Live and Let Die (Wings song)

ウクレレでジョージ・ハリスンを偲んでのSomething。

現代もファンが多い名曲A Day in the LifeからのGive Piece A Chanceで今度はジョン・レノンを偲び、

最近の子供でも知ってるオブラディオブラダ大合唱!

そして、僕がポールマッカートニー(正式にはウイングスですが)の曲で一番好きな

Band On The Run、来たーーー!

まるで短い組曲のようになってて、最後のサビに向かう展開が恰好良すぎる。

サビが来た瞬間、僕号泣ですよ。16年前の大阪ドームでこの曲聴いた時も感動したけど後方席だったからか観客のノリがあまりなく、盛り上がり切れずだった思い出があったけど今回は周りの雰囲気も相まってえらい感動しましたわ。

Back In The USSR~Let It Beとまたビートルズの定番がきて、Live And Let Dieの爆発と花火で観客の興奮はピークへ!

  • Hey Jude (The Beatles song)
  • Yesterday (The Beatles song)
  • Birthday (The Beatles song)
  • Mull of Kintyre (Wings song) (With the Auckland & District Pipe Band)
  • Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) (The Beatles song)
  • Helter Skelter (The Beatles song)

そしてHey Jude大合唱で本編終了。

アンコールの登場も早く、なんと2分!
75歳の体力の凄さをまた実感。

ポールはNZ国旗をたなびかせて再登場!

ちょっとうまいこと撮影できんかったのが無念。

パワフルなのにお茶目ドラマー、エイヴ・ラボリエル・ジュニアさんは赤ワイン(たぶんNZの)を手に。

髭男爵みたいですな。

 

 

そしてポールにスポットライトが照らされ世界の定番Yesterday弾き語り!

 

意外と僕の周りではバースデーソングの定番になってくれないBirthdayもすごい好きです。

予想外な一曲だったのがMull Of Kintyre。ステージ裏のほうに、チラっとバグパイプ楽団みたいなのが見えてたんですが、もしかして??と思ったらこの曲。

あまり好きではなかったけど、本物のバグパイプの演奏で聴くとまた違って聴こえるもんでちょっと好きになりました。

それから、Helter Skelter!!

この曲のシャウト感を未だ聴けるのが本当に感激ですわ。48年前に創られたハードロックの源泉とも言われることもある、ビートルズの中で最高のロック。カッコええ~~!

 

 

  • Golden Slumbers~Carry That Weight~The End (The Beatles song)

さぁいよいよ最後の最後になりました。

ビートルズのアルバムAbbey Roadの最後を飾った3曲メドレーでエンディング!

これもえげつない恰好ええ曲なんですわ。

「Golden Slumbers~Carry That Weight」の間ではグランドピアノ弾き語りだったのでまた生ポールは見えなくなりましたが、The Endになるとギターへ持ち替えセンターステージへ来てくれたので、レジェンド熱唱+3ギタリストソロ回しをこの眼に焼き付けましたよ。

ついに3時間の夢の時は終わります。

観客全ての角度へ手を振り、僕らのほうにも近づいて思いきり僕も手を振りました。

そしてスモークが一気にブシューーーッ焚かれ、大量の紙吹雪が舞い、それが収まるとポールはもうステージにはいなくなっていました。

なんと綺麗な引き際・・・!

 

時刻は23時半を過ぎていました。

そこから大量の人の波に乗って臨時バス停へ。電車のように何台もの臨時バスが来てたのでそれなりにすんなり座ることができたんですが、なぜか発車しない。

どうやらドアの締りがおかしくなって発車できなくなったらしい。乗客みんな割とおとなしく辛抱強く待つこと15分、車掌さんから案内がありようやく出発、乗客大拍手!誰もその不手際を責めない、これもNZらしい一面ですね。

アルバニーバス停に着き、車に乗り換えて帰宅したのが午前1時30分。長い一日でした!

もうNZに来ることはないと思いますが、もしかしての奇跡を期待してます。

そしたら絶対センター席買うぞ!!

 

ポールマッカートニーのコンサートからもう1週間たってしまいました。

前回

リビング・レジェンド ~Sir Paul McCartney~

の続き、コンサート本編の感想を書きます。

 

これまぁすごい便利な時代になったもんで、

誰かが全部をおそらくモバイルで撮影して、公開してくれていました。画像ブレは仕方なくても音が結構良く録音されてます。なかなか観たコンサートをそのまま後で観ることはなかったので、感動を再現できますな。

これをお借りしてセットリストを追っていきましょう

  •  A Hard Days Night (The Beatles song)
  • Junior’s Farm (Wings song)
  • Can’t Buy Me Love (The Beatles song)
  • Jet (Wings song)
  • All My Loving (The Beatles song)
  • Let Me Roll It (Wings song)
  • I’ve Got a Feeling (The Beatles song)
  • My Valentine

やっぱりビートルズの曲はみんな大喜び。Wings時代は好みが分かれるようですが、僕はポップで好きです。でもメジャーな曲しか知らないんですけどね。Jetなんかもいつ聴いてもカッコええです。

All My Lovingではリアルビートルズ世代のオバちゃんたちが腰振って踊り始めます。

Let Me Roll itはライブで必ず演奏されます。

I’ve Got a Feeling、ちょっと高音歌えなくなったんかな?と思ったけど大サビの廃トーン部を歌い切ったので驚愕!75歳であのシャウトができるのか・・・!

  • Nineteen Hundred and Eighty-Five (Wings song)
  • Maybe I’m Amazed
  • I’ve Just Seen a Face (The Beatles song)
  • In Spite of All the Danger (The Quarrymen song)
  • You Won’t See Me (The Beatles song)
  • Love Me Do (The Beatles song)
  • And I Love Her (The Beatles song)

My Valentineは今の奥さん、Maybe I’m Amazedは亡くなった前妻リンダに向けた曲ですね。この曲はピアノ弾き語りで、ステージ右側に移ったため僕らからの席からはポールが隠れてしまいました。

I’ve Just Seen a Face。今回のツアーのセットリストを事前に調べて予習してから臨んだんですが、この曲はあんまり演奏されてなかったみたいでノーマーク!そんなにビートルズを完全に詳しいわけではないユカは知らない曲がきてすこし戸惑ってました。でも僕にとっては最高アルバム「Help」の中の曲なので嬉しいハプニングでした。

ビートルズの前身、クオリーメンの曲まで遡り披露しました。

ビートルズ中期の隠れた名曲You Won’t See Meはアレンジを変え、Love Me Doではデビュー曲録音時のエピソードも話してくれました。レコードの声は緊張で震えてしもてるそうです。

 

 

  • Blackbird (The Beatles song)
  • Here Today
  • Queenie Eye
  • New
  • Lady Madonna (The Beatles song)
  • FourFiveSeconds (Rihanna and Kanye West and Paul McCartney cover)
  • Eleanor Rigby (The Beatles song)
  • I Wanna Be Your Man (The Beatles song)
  • Being for the Benefit of Mr. Kite! (The Beatles song)

世界のギターキッズの一体何割が挑戦したのか、名曲ブラックバード。ポールも、

「この中でBlack Bird弾いたことある人いる?」

て聞いてたので、本人もよーく知ってるようです。僕もむかーしギター弾いてたころ挑戦したと思いますが、一瞬で断念した覚えがあります。

そしてジョン・レノンへ捧げたHere Todayのあとは最新の曲Quinnie Eye~Newと続きます。

ポールも年を重ねたからか、

「ビートルズの曲を演奏すると会場がパーッと輝くけど、新しい曲の時は静まり返るね」

といった自虐を言うようになり、会場を笑わせてました。

しかし、もう4年前になるんですがNewという最新アルバムはとても名作!!

 

定番Ledy Madonnaも盛り上がった!

リアーナ、カニエウエストとの合作FourFiveSecondsのセルフカバー、良かったなぁ。ポールだけバージョン用意してもらいたいもんです。

Eleanor Rigbyでは、なんとドラマーとギタリストが楽器を置いてコーラスで参加。これまた上手。特にドラマーの人はコーラスも積極的に参加してるし、叩きながらジェスチャーで小ネタ入れてきたり多彩。世界のプロは懐が深過ぎて恐ろしいですな。

I Wanna Be Your Manではローリングストーンズにこの曲を提供した時のエピソードを語ってくれ、Being for the Benefit of Mr. Kite!、は原曲を忠実に再現。

いや~~、新旧織り交ぜてみごとなステージングを魅せてくれますねえ。

 

おっと、自己満足レポートなもんで、またもや長くなってしもた!

後半は続きで書きます!

 

もう7月のことになりますが、ポール マッカートニーのNZ公演のお知らせを書きました。

http://aotearoaholic.com/2017/07/24/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC/

記事をアップした後、チケットを購入しました。

こちらのチケッティングシステムは日本とは違い、席があらかじめ判ります。

価格帯もいろいろで、どうせなら思い切って500ドルくらいする間近くの席を狙おうかとかなり悩んだ挙句、249ドルの席を購入。

結構端のほうながらも、かなり前の席を確保!でも、会場のMt. Smart Stadiumで開催される大型コンサートには行ったことなかったので、まだ実際はどんな感じか予想もつかない。当日を楽しみに待つこと5か月・・・!

 

ついに12月16日が来た!

久々の土曜日休み。前日に珍しく体調を崩しまして、行けるかかなり不安でしたが一晩寝たらすっかり良くなったんで一安心。

(でもこういう事態を想定して、返金保証保険もかけてありました。チケット購入時に、案内があって14ドルでした。そんなのあるんですねえ)

 

 

会場送迎バスが無料。

そうなんですよ、会場周辺規制がかかるので公共交通機関で来ることを強く推奨されるんですが、その分いくつかのポイントからの無料送迎バスとシティからの電車が観客には無料で提供されます。

我々はアルバニーという大きなバス停から乗り込みます。車内の客層はビートルズリアルタイム世代の方々がたくさん。何人かはすでに軽く歌を口ずさんで気分を盛り上げております。

 

Mt. Smart Stadium

つきました。

オークランドのコンサート会場では一番の収容会場なので、普段ではなかなか見れない人だかりです。オールブラックスの試合があるEden Parkはもっと大きいですが、どういう事情かコンサートは行われませんね。

当然、コンサートといえば

物販ですな!

Tシャツが主でしたが、50ドルとかなりお強気な価格。しかし、それでも皆どんどん買ってます。ちょっと遅めに行ったので、売り切れ続出でした。

Kiwi柄でオークランド限定のいいのがあったんですが、やはりいいサイズは売り切れで僕が購入したのは

シンプルでいいっすね。

開始が8時半だったので、それまでには腹ごしらえと、景気づけ。

ビートルマニアには判るかもしれない、このTシャツ。

生ビール!

ワインもあります。ちなみにお酒類は一人四杯まで購入可。僕はビール二杯で充分。

The White Lady

オークランドシティの夜の名物ハンバーガー屋の屋台が来ていて、実は僕ら食べたことなかったのでいい機会!と購入。

芝生でビールとハンバーガーでいい景気づけをした後、

スタジアム内へ!

最後方から入場して、席はどこかと歩いていけば・・・

 

おお!なんとこの距離!!

確実にサー・ポールが見えるぞ・・!!ちょっと右寄り過ぎですが、日本で2001年に大阪ドームで観た時にはえらく遠いスタンド席だったことを思えば贅沢。

DJによるビートルズカバー曲のリミックスがBGMで流れていてもう踊っているご婦人たちもちらほら。一人だけ、サージェントペッパーズのジョンレノンのコスプレをしている人を見ました。

おもちゃ箱みたいにポールマッカートニー、ビートルズの写真が流れていて待ってる間もなかなか飽きさせない演出で嬉しい。

予定時刻8時半ほぼピッタリ、’A Day In The Life’の曲最後のSEが流れ、開始の雰囲気が!!!

そして・・・

 

Sir Paul McCartney!!!

生けるレジェンド、間近に。当然バイオリンベース!

一曲目は、誰もが知ってるはずビートルズの’A Hard Days Night’!

今は誰かがビデオ撮ってこうして観れるすごい時代ですな。わりと僕らに近い視点です。アップ感謝。

全員熱唱です。僕も感動でいきなり半泣き。

ポールマッカートニー御年75歳、えげつないお年寄りです。いや、お年寄りじゃないな、超人だ。

 

 

長くなりましたので、コンサート本編は次回に!

ガイドとしては何度も来ているのですが、すごくきれいなところで
個人的にも行きたいなーと密かに思っていたんです。
トロルの森ロケ地ツアー

それでは、その1その2の続き。

 

今までとはガラッと変わって木やシダ、苔の多いエリアに入って行きます。

同じ土地とは思えぬ変わりよう。

そして、ここが一番楽しみにしていたところ。

この写真撮りたかったんですー!!!

どこの場面かわかりますか?

真ん中の人以外は、なんか見覚えある景色ではありませんか?

ほんとはもっとシリアスな顔をしないといけないのに。。。
にやけてしまいました。

そうです。

トロルの洞窟でガンダルフが剣を見つけて
それをビルボが受け取ります。

そのシーンを再現!

希望すれば、こんな写真も撮らせてもらえるのです。

まだまだ続きますよ!

・ちょっと変わり者の森の魔法使い、ラダガストと出会うシーン
・ワーグに襲われるシーン
・ラダガストがウサギのそりでワーグとオークの囮になるシーン

ここもこの場所!

私の持っているDVDでチェックしましたが、
映画の大体55分のところから約20分ほどこのロケ地がメインで使われています。

映画のことを知らなくてもここは来る価値がありです。
ニュージーランドの自然たっぷり。

運が良ければ、野生のヤギやちょっとうるさいパラダイスダック
人懐っこい羊の親子に会えるかも。

もしかしたらワーグも出てくるかも!?

グランパは子供からの「ワーグはいるの?」という質問に
「いる。うちにはワーグの子供がいる。その子はずっと小さいままだけどね。」
と答えておりました。

※ワーグにそっくりな牧羊犬を飼ってるということらしいです。

スージーさんとグランパと記念撮影@Hairy Feet Waitomo

最後にスージーさんとこの日のスペシャルガイド、グランパ(スージーさんの義理のお父さん)と共に記念撮影。

少人数制のアットホームなツアー。
映画「ホビット」好きにはたまらない、特別な旅になると思いますよ。

写真だけではこの場所の美しさは伝えきれません。
ぜひトロルの森、ぜひ訪れてみて下さい。

日本語ガイドはぜひご案内させて下さい。

 

お待ちしてます。

 

 

お申込みはこちら↓

・Hairy Feet Waitomo(英語) https://www.hairyfeetwaitomo.co.nz/

・Kiwish Jam Tour「もう一つのホビット~トロルの森ロケ地ツアー」(日本語)
http://syakuiwana.com/service3.html

 

 

 

ガイドとしては何度も来ているのですが、すごくきれいなところで
個人的にも行きたいなーと密かに思っていたんです。
トロルの森ロケ地ツアー

それでは、前回の続き。

ツアー開始!

こちらは私有地ですので、ツアーに申し込まないと入れません。

まず撮影の裏側を垣間見ることができるショートムービーを鑑賞。
撮影するのって、ほんとに沢山の人や工程が必要なんですね。

その後、
スージーさんの運転するバンに乗り込んで、ファーム内の撮影地に向かいます。

ファームは映画を知らなくても楽しめるくらいの場所。
かなりの迫力。そしてきれい!

途中こんなNZらしい景色に遭遇。

撮影地に到着。

ここ、映画にうつっているところです。この岩の形を映画で確認できます。

スージーさんは映画のシーンの写真と照らし合わせながら
分かりやすく紹介してくれます。

写真と合わせて、どのシーンの場所か説明してくれます。

どこのシーンかわかりますか?

この辺りは
映画「ホビット 思いがけない冒険」でビルボがドワーフ達と冒険へ出てから
・かつて人間が住んでいたとみられる農家の跡地に馬で到着する場面
・ガンダルフとトーリンが口論する場面
・トロルが食事をしている場所        などに使われています。

 

撮影地にいた人だからわかる裏側の話も聞くことができます。
・なんでこの場所が選ばれたのか。
・どうやってあのシーンは撮影されてたのか。
・あの場所であの役者さんはセリフを覚えてた、、、などなど。

映画に出てきた人たちがいた場所に、時は違えど立てるというのは不思議な気持ちになりました。

長い年月をかけて出来上がった奇妙な形の石灰岩。まるで芸術品です。

映画のことだけではなく
NZの植物やワイトモの地層、ファームの話なんかもしてくれます。

ここまででも観た甲斐あったーと思うのですが、まだ前半戦。

ここから雰囲気は変わります。

 

つづく。

 

 

 

ガイドとしては何度も来ているのですが、すごくきれいなところで
個人的にも行きたいなーと密かに思っていたんです。

そのツアーはこれです。↓
『もう一つのホビット~トロルの森ロケ地ツアー』(Kiwish Jam Tour 日本語ツアー)

オークランド中心部から車で約3時間南下したところにある町

Piopio ピオピオ にそこはあります。

「コカココウハイ」 と Piopio ピオピオ の看板。

ちなみに Piopio ピオピオ は19世紀頃に絶滅してしまった鳥の名前です。
だからか町にある道にはNZの鳥の名前のついているところが多々あります。

ロケ地の近くでもすでにそれっぽい雰囲気で、きれいな景色です。
ここでいいのかな、、、と不安にもなりそうな道を運転していきます。

到着。

ここだけでも圧巻。

受付ではオーナーのスージーさんが迎えてくれます。
いつも笑顔のスージーさん。会うのが楽しみなのです。

あと、この子。

ジンジャーだからジニーちゃんっていうだそうです。メスです。かわいいです。

看板ねこのジニーちゃん。

スージーさん、おそらく相当な映画好き。そこにあるフィギュアや道具がすごい。

そのコレクションをお借りして、待つ間に記念撮影しました。

トーリンとガンダルフになりきっています。

ノリノリ。

まだ受付が済んだとこです。
これからツアー始まるよー!

つづく

最近のオークランドのお天気はもー最高。暑いです。夏です。

先日、在オークランド日本領事館に用事があったので
ついでに近くのアイス屋さんに行きました。

Kapiti  カピティ
住所:19 Shortland Street, Hotel De Brett Building, Auckland City
https://www.tastekapiti.co.nz/about-us/our-stores.html

目の前でめっちゃ悩んでいたら、味見させてくれました。
そのおかげでなんとか決めることができました。

ダブルスクープをオーダー。
チョコミント と ストロベリー&クリーム にしました。

トリプル?いや、クアドラプル(4スクープ)ぐらいあるんじゃないかってくらい
盛ってくれました。

ダイナミック!

これで$6。コーンで頼んでたら、お腹いっぱいになっていたでしょう。
このボリュームとアイスの濃厚さを考えたらお得に感じました。

Lemongrass & Gingerっていうフレーバーもありました。
味見させてもらいましたが、さっぱりしていておいしかったです。

そういえばNZって、Ginger(生姜)好きですね。
ジンジャービアーにジンジャークッキー、お寿司についてくるガリが好きな人多い気がします。

 

話をKapitiへ戻します。

Kapitiはアイスが有名ですが、チーズも有名なんです。
スーパーにも売っていますよ。
でも、本当においしいの?と思っているそんなあなた。

このお店では試食をさせてくれます。
全種類ではなく数種類ですが、試食可能です。
この日は4種類ありました。

お店はオークランド中心部にあるので、旅行でシティに泊まる方も行きやすい。
日曜日はお休みなのでご注意を。(2017年12月現在)
NZのお店は時間やお休みが変わることがよくあるので
行く際にはHPなどで最新情報をチェックすることをお勧めします。

 

ニュージーランドといえば乳製品!

ぜひお試しあれ!

 

自分の車でツアーや送迎をする際に必ず同席している方がおります。

ご紹介します。

コカコセンパイです。

私の運転とガイドを見守ってくれている。その名も「コカコセンパイ」。

ニュージーランドの鳥と言えば Kiwi キウィ。
でも、ニュージーランドには他にも沢山の固有種の鳥がいるのです。

その中の一種が
このぬいぐるみのモデル North Island Kokako ノースアイランド・コカコ

「コカコセンパイ」と、このぬいぐるみを命名しましたが
本当に Kokako コカコ という名前の鳥がニュージーランドにはいるんですよ。

実物はこれ。

kuriken撮影@Tiritirimatangi Island

きれいなグレーの羽。
目とくちばしが黒で、アイマスクしてるみたい。
くちばしの下にきれいな青い肉垂がある。
足はすらっと長くて美脚。
翼はあるけど、あんまり飛ばない。
ジャンプして、木と木を移動するので「リスみたい」なんて言われてたりします。
鳴き声が美しい!癒されます。

あ、ニュージーランドの50ドル札にも描かれていますよ。

Kokakoにあってみたくありません?

でもKokakoは今や希少な鳥。
1900年代初頭は北島の森に多く生息していたそうですが
現在は約1,200組(約2,400羽)しかいません。
まだまだ少ないですが、順調に数は増えているようです。それはよかった。

オークランド周辺だと Tiritirimatangi Island ティリティリマタンギ島 や Hunua Ranges フヌア・レンジズ にいます。
私もよくTiritirimatangi Islandに行きますが、いつもでてきてくれるわけじゃありません。

鳥ですからね。

 

コカコセンパイ、話のネタたくさん持ってますよ。

  • コカコセンパイと同じNZの珍しい鳥たち
  • マオリの伝説
  • NZの植物たち
  • なんでコカコセンパイとその仲間の数は少なくなっちゃったのか
  • 残念ながらいなくなってしまったコカコセンパイの先輩たち など。

センパイの事を調べると、NZの色々なことが絡んでくるんです。

 

もしこれからNZいらっしゃる方
ぜひ、コカコセンパイ と ついでに私にも会いに来てください。
ここにいます→KIWish JaM Tour

そうじゃない方も
このブログでぜひNZのことを知ってNZのこと好きになって下さい。
元々好きな人はもっと好きになって下さい。

 

お楽しみに―!

 

参考にしました。
North Island Kokakoのことを詳しく知りたい方ぜひ読んでみて下さい。
Kōkako: New Zealand native land birds, Department of Conservation
http://www.doc.govt.nz/nature/native-animals/birds/birds-a-z/kokako/