マオリ語での暦の読み方 曜日編

前回はマオリ語の 月 をご紹介しましたが、今回は 曜日 です。

こちらも2通りの言い方があります。

オークランドの春。Kōwhaiの花とTui。

Ngā rā o te wiki   ンガー・ラー・オ・テ・ウィキ

マオリ語の曜日

 

マオリ語の曜日<その1>

曜日 マオリ語 読み方
月曜日 Rāhina ラーヒナ
火曜日 Rātū ラートゥー
水曜日 Rāapa ラーアパ
木曜日 Rāpare ラーパレ
金曜日 Rāmere ラーメレ
土曜日 Rāhoroi ラーホロイ
日曜日 Rātapu ラータプ

 

こちらの単語には意味があります。

まず、Rā ラー には 日(英語で言うDay)。なので、全部の曜日に付いてますね。

月曜日は 古代の月の名前です。

火曜日は Tūmatauenga トゥーマタウエンガ(火星)

水曜日は Apārangi アパーランギ(水星)

木曜日は Pareārau  パレアーラウ(木星)

金曜日は Meremere メレメレ(金星)

土曜日は 土星、、、ではなくて、

Horoi ホロイ は 「洗う」

なので、「洗う日」 という意味になります。

日曜日は

「礼拝の日」 という意味です。
Tapu は「神聖な」「聖なる」という意味があります。

これは西洋的な概念が影響しています。

 

マオリ語の曜日<その2>

曜日 マオリ語 読み方
月曜日 Mane マネ
火曜日 Turei トゥレイ
水曜日 Wenerei ウェネレイ
木曜日 Taite タイテ
金曜日 Paraire パライレ
土曜日 Hatarei ハタレイ
日曜日 Rātapu ラータプ

 

私の先生やクラスメイトはこちらの方を良く使います。

これは明らかに英語由来です。

マオリ語には「S」や「D」がありません。
Saturdayを日本語カタカナにすると「サタデー」。
サ行とダ行なしで頑張って言ったら「ハタレイ」になりそうじゃないですか?
そう考えたら、ちょっと覚えやすいくないでしょうか。

 

 

どうでしょう?

単語がいっぱいで覚えるのは大変ですが、ちょっと知ってれば面白くないですか?

英語由来のマオリ語の曜日だったら、日本人だったらすぐ簡単に読めちゃうと思います。

 

 

View this post on Instagram

 

今週はマオリ語週間。 いつもよりマオリ語に関する話題が多いです。 昨日@aucklandmuseum がイベントでこんなバッジを配っていました。 Kia ora キア・オラ/キオラ おはよう。 こんにちは。 こんばんわ。 ありがとう。 など 挨拶にもなるし、お礼にもなる言葉。便利! ニュージーランドではよく見るし、よく聞きます。 皆さんもぜひ使ってみてね! yuka #yukaaotearoaholic #ニュージーランド #オークランド #オークランド観光 #マオリ語週間 #マオリ #マオリ語 #アオテアロア #キアオラ #tereomāori #newzealand #auckland #aotearoa #tāmakimakaurau #kiaora #aucklandmuseum #tewikiotereomāori #hapani #hapanihi

Aotearoaholic Toursさん(@aotearoaholic_yk)がシェアした投稿 –


そういえば、先週はマオリ語週間でしたけど、
マオリ語が少しずつ盛り上がってきているんじゃないかと思います。
勉強している身からすると、マオリ語に触れる機会が増えるのでうれしいです。

マオリ語週間のことはクラスでも話題になりましたが、先生が言ってました。

「私達にとっては毎週がマオリ語週間」

Māhita マーヒタ(先生)!おっしゃる通りです!

ということで、これからもコツコツと勉強していきます。

 

 

Ka kite anō!  カ・キテ・アノ!(ではまた!)

 

 

参考にしました。

Kupu o te Rā    https://kupu.maori.nz

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です