ニュージーランドに住んでいたり
旅行でマオリのセレモニーを観に行ったことがある方は
聞いたことがあるかもしれません。

マオリ文化をお話しするには Tapu タプ と Noa ノア は不可欠です。

バシッと訳せる言葉がないのでイメージで捉えて頂ければと思います。

 

Tapu タプ

神聖 スピリチュアル 守護神 先祖 制限された 守られた あの世

ここでは「神聖」と表わすことにします。

 

Noa ノア

日常 通常 普通 制限のない 安全な この世

ここでは「日常」と表わすことにします。

 

この概念は マオリ文化においてとっても重要 です。

ニュージーランドには「神聖」なエリアがあります。
そのエリアは 立入禁止 又は 制限されています。

そして、もし「神聖」なエリアに立ち入った際は「日常」に戻す必要があります。

 

この「神聖」から「日常」に戻すことを Hakanoa ハカノア と言います。

それをできるものはこの3つです。

・Karakia カラキア(お祈り)
・Kai カイ(食べ物)
・Wai ワイ(水 ただし飲み水は例外)

 

では、具体的にどこが「神聖」なエリアなんでしょう?
一例をご紹介します。

 

Pōhiri ポーヒリ(歓迎の儀式)

マラエで行われるPōhiri(歓迎の儀式)は「神聖」です。
儀式中の最中は飲食はできません(飲み水はOK)。
そして、儀式の最後に必ず食事があります。

マオリの歓迎の儀式はただその場の人を歓迎しているだけではありません。
Karanga カランガ(呼びかけ)によって死者を呼び寄せ
お互いのご先祖様も含めて歓迎する儀式です。
このように違う世界に近づくので、最後に「日常」に戻すハカノアのプロセスが必要なんです。

そう考えるととっても神聖ですね。

私のマラエの Whare Tupuna「先祖の家」

・Wharenui ファレヌイ

Wharenuiファレヌイ(大きな家)又は Whare tupuna ファレトゥプナ(先祖の家)は
マオリの集会所である一番大きな建物です。この建物の中は「神聖」です。

中では食べ物を食べてはいけません。

マオリの人々はファレヌイには先祖の魂がいると信じています。
そこに「日常」に戻す役割をする食べ物を持ち込むと「神聖」に穴を空けてしまって、
魂が迷ってしまうかもしれないそうです。

あと、これは余談になりますが
建物の中にはご先祖様の写真が飾ってあるのですが、その写真を撮るのもNGです。
いくら写真でもお亡くなりになった方を撮るのは良くないと考えられているようです。

 

・Urupā  ウルパー(お墓) 

お墓も「神聖」な場所です。
出入り口には必ずお水が置いてあります。
お墓から出る際には手を洗い、お水を体に振りかけます。
お水で「神聖」から「日常」に戻します。

日本の禊落としに近いかもしれませんね。

 

何となくTapu「神聖」とNoa「日常」のこと分かって頂けましたか?
この概念がマオリの習慣、儀式を理解するにはとっても重要なんです。

マオリ語の文法にも影響してくるんですよ。

 

ちょっと覚えておいてくださいね。

 

では、
Ka kite anō! カ・キテ・アノー! またね!