2019年 マオリ語/文化のクラスTe Tohu Hiwi (テ・トフ・ヒウィ)が始まりました。


Te Tohu Hiwi は North Tecというノースランドの専門学校のプログラムです。


ノースランド・オークランド地方部族(ンガプヒ・ヌイ・トヌ)の
マオリ語・文化のディプロマを取得することができます。


修了すれば専門学校卒くらいのレベルになれるんです。


覚悟はしてました。


でも、思っていた以上のレベルの高さ。
アセスメントの内容までがすべてマオリ語でしか書いていない!


単語、文法、儀式のやり方、しきたり、などもレベルアップ。
マオリ守護神や神話、マオリの世界観についてさらに深く学ぶようです。

そしてそこに「英語をマオリ語に訳す」「マオリ語を英語に訳す」も。


早速、英語の子供の歌をマオリ語に訳して歌う課題が課せられました。

が、

その歌、聞いたことない。
英語の単語がわからない。。
英語の文法がわからない。。。


ぐわー ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ


クラスメイトは必死になって
マオリ語で英語の文法を教えてくれました。(授業中はマオリ語しか話せません)


なんと複雑な状況。。。


歌も「この歌知ってる?」って聞いてくれて、メロディーを歌ってくれました。

みんな、ありがとう(/_;)


これが私にとって一番の難関になるでしょう。



ここで先生のお言葉が。


今年はグループ発表も沢山あるそうです。
「マオリ語のレベルの違いや知識量の差はあるけれど
みんなで協力していくのもこのプログラムの一環。
誰一人置いて行ってはいけないよ。」

チームワークが重要なんです。


「後輩はあなたたちのこと見てるよ」
今年はLevel3で勉強している人たちの先輩として、私たちはお手本とならないといけません。
なんか日本っぽいですね。






今年もなんとか必死こいて、しがみついていきます。


乞うご期待!

マオリ文化に興味を持つと
マラエに行ってみたいなーと考える方もいらっしゃると思います。

 

Marae マラエ とは マオリの集会所 です。
イメージ的には 教会、お寺、神社、公民館のような場所です。

 

私にも自分のマラエがありますが、
他のマラエも訪れてみたいと常々思っています。

 

なぜなら、マラエの大体の構造は一緒でも
建物の名前、彫刻のデザインや意味などはマラエによって違うからです。

  

そんな訳で、他のマラエを観てみたい!行ってみたいんです!
が、、、それが結構難しいんです。

  

初めてマラエを訪れる際には、通常は Pōhiri ポーヒリ などの
歓迎の儀式を受けないといけません。
その儀式をして初めて、マラエに入ることが許されます。

  

マオリの人に会うと私はよくこの質問をします。

   

「あなたのマラエに行けるチャンスはない?」と。

   

事前に連絡を取り、大人数で行く場合は受け入れてくれることもあるようですが、少人数ではなかなか難しいようです。

Aotearoaholic Toursでも15名~20名様向けのマラエツアーを扱っております。気になる方はこちらをご覧ください。
マラエ体験ツアー→https://aotearoaholic.com/2018/11/25/marae_experience/

   

でも、
「年に数回開催されるイベントの時は一般にもオープンにしてるからマラエに行けるかもよ」 
という情報をゲット!

  

だから、マラエに行ってみたい方はイベントの時がチャンス!

  

注目のイベントは Waitangi Day と  Matariki です。

  

Waitangi Day ワイタンギ・デー  毎年2月6日 です。
マオリと英国が条約を締結した記念日です。

  

Matariki マタリキ  5月下旬から7月頃にあるマオリの新年です。
プレアデス星団(すばる)が明け方の空に見える時期がその新年に当たります。

  

イベントの一番初めに必ずPōhiriが行われます。
Pōhiri  歓迎の儀式 を観たことない人はぜひ観て下さい。
ちょっと日本語にも似た響きのマオリ語、ぜひ聞いてみてくださいね。

 

 

<おまけ>
このブログをアップした日から一番近いのはワイタンギ・デー。

2019年2月6日に行われるイベントの紹介しておきます。

*ただ残念なことに、開催場所の感じからするとマラエには入れないかもしれません。
やっぱりマラエを訪れるのはなかなか難しいですね。
でも Pōhiri はありますし、マオリ文化には触れられますよ。

  

Waitangi Festival 2019 (ノースランド地方)

ワイタンギ・トリーティー・グラウンドで普段は展示されているカヌーNgātokimatawhaorua ンガートキマタファオルア が実際に海に浮かぶところを見ることができます。その他、伝統ダンス、音楽、フードなど盛りだくさんです。
場所:Waitangi Treaty Grounds, 1 Tau Henare Drive, Waitangi, Bay of Islands
詳細:https://www.waitangi.org.nz/dl/Waitangi-Festival-Programme-2019.pdf

  

  

2019 Waitangi Day Ki Okahu(オークランド)

場所:Orakei Domain, 11 Tamaki Drive, Orakei, Auckland
時間:10:00am – 3:00pm  10amポヒリ
ケリータルトン(オークランドの水族館)のすぐ近くが会場です。
Ngāti Whātua Ōrākei ンガティ・ファートゥア・オーラ―ケイ部族とオークランド・カウンシルの共同運営のイベントです。
詳細:https://www.eventfinda.co.nz/2019/2019-waitangi-day-ki-okahu/auckland/orakei

  

  

Waitangi ki Manukau(オークランド)

場所:Manukau Sports Bowl Greyhound Racing Club, Te Irirangi Drive, Manukau City, Auckland
時間:9am-5pm   9amポヒリ
オークランド・カウンシル運営のイベントで Te Wananga o Aotearoa テ・ワーナンガ・オ・アオテアロアが支援しています。
詳細:https://www.eventfinda.co.nz/2019/waitangi-ki-manukau-2019/auckland/manukau-city

   

その他、気になるイベントがありましたら
Aotearoaholic ToursのFacebookでシェアしますので、ぜひフォローしてくださいね。

 

それでは
Ka kite ano! カ・キテ・アノー またね!