私がマオリ語・文化を学んでいるマラエではちょっと変わった学習メソッドを用いています。

その学習メソッドは Te Ataarangi テ・アターランギ です。

マラエにマオリ語を学びに来ている人全員が英語を話します。
ですが、このメソッドでは マオリ語をマオリ語で 学びます。

テ・アターランギには基本ルールがあります。

<テ・アターランギの基本ルール>

1-英語をしゃべってはいけない(もちろん日本語もダメ!)
2-人の信念を貶してはいけない
3-お互いにプレッシャーを与えてはいけない
4-指名された人が話しましょう
5-謙虚に、そして礼儀正しく

この基本5つのルールに加え、他にもクラスでのルールがあります。

<クラスでのルール>

・クラスの前後には(英語でも)質問をすることができる
・授業中はノートを取らない(先生に指示された時を除く)
・机の上にはノートやペンなどの物を置かない(指定された時を除く)

クラスの始めと終わりに karakia カラキア(お祈り)をします。
このkarakiaをしたらクラススタート!マオリ語オンリーです。

これは私には非常にありがたいです。

第二言語が間に入ってこないので
ダイレクトにマオリ語を学べるのです。

<Rākau ラーカウ ‐マオリ語を覚えるツール‐>

クラスではRākau ラーカウ という、色と長さが違う棒を使います。
この棒で形を作り、その形と音を覚えます。
メモ代わりです。

例えばこんな感じです。これが何を意味しているか推測できますか?

テ・アターランギで使われる棒

これはマオリ語での自己紹介を学んだ時のものです。
それぞれの棒で作った形と言葉を覚えます。


この形は人によって違います。
ですので、先生が違うと全く違う形になったりします。

アターランギの棒を使った学習方法の例

ちなみに、Rākau は Tapu タプ(神聖)です。

Rākauを使っているテーブルでは飲食はできません(飲み水は例外)

そして

とにかく聞く!
とにかく声に出す!!
とにかく繰り返す!!!


授業中はメモを取ったり、携帯で調べたりしてはいけません。
聞くこと、見ること、発音することに集中します。


<一年間受けてみての感想>


私にはぴったりでした!

まるで子供のように、まず先生や先輩の真似をしてしゃべっていって
徐々に言葉を覚えていくんです。

歌やゲームもしました。
これがリフレッシュにもなるし、歌やリズムに合わせて単語が覚えらるんです。みんな大人ですけど、子供のように楽しんでました笑

テ・アターランギは実践的に言葉を習得したいのであれば
すごくいいメソッドだと思います。

みんなに合うわけではない。

ただ、中にはこのメソッドが合わない人もいます。

どうしても単語の意味が気になり英語でしゃべってしまったり
携帯で調べたりして、先生の話すことに集中できないのです。

その気持ちもよくわかりました。
一番初めのクラスでは分からな過ぎて泣きそうでしたし、
(正直ちょっと涙出てました。。。)

慣れない単語を覚えるのは結構なストレスです。
リアルに脳みそが痛いような、
頭がねじれているような感じになりました。。。

自分が伝えたいことをうまく伝えられないって辛いですよね。

ですので、途中で来なくなってしまう人もいました。

先生、クラスメイトに大感謝!

先生もかなりの忍耐が必要だと察します。

何度も、何度も、何度も、なーんども、私たちは同じ質問をします。

先生は嫌な顔せず、辛抱強く繰り返します。
それでも苦戦していると、言い方を変えたり
Rakāuを使ってメモを作ってくれたり、色々工夫しながら教えてくれました。

先生が良く言ってました。
「ここは安全な場所。失敗してもいいよ。学びの場所なんだから」と。
先生の仰る通り、私はめちゃくちゃ安心しきって
失敗を恐れず挑戦することができました。

クラスメイトにも感謝です。
覚えが遅く、英語もよくわかってない私でしたが、
そんなところも理解して、受け入れてくれました。
辛抱強く付き合ってくれて、いつも助けてくれました。

学べたのは言葉だけではない

このメソッドは言葉だけじゃなくて、
相手を尊敬すること、みんなで協力し助け合うことも同時に教えてくれました。


<さいごに>

もしマオリ語をこれから学んでみたいと思っている方がいらっしゃいましたら
その学校がどういう学習方法を用いているのかをチェックするのもポイントです。

英語を通してマオリ語を学ぶのか、マオリ語でマオリ語を学ぶのか。

Te Ataarangi(テ・アターランギ・メソッド)個人的におススメです。

これを英語の学習にも使えないかなーと思ったりもするんですが。。。

機会があったらぜひ体験してみて下さいねー。


Ka kite anō! カ・キテ・アノー
またね!