(最終ログインは5分以内) 

boyaki

Twitterから思い出す

先日、ツイッターで

mixiのことを思い出しました。

つぶやきの通り、ログインし直すためにはmixiに住民票の提出を求められたのです。
2年前にそれまで使っていたメールアドレスがドメインの期限切れのため消滅してしまったのですが、そのときに移行し忘れたんですよ。


僕はニュージーランドに住所を移す住民票の手続きをしていて、いわゆる住民票を抜いている状態ですので提出できるはずもなく。
たとえ日本に住んでいたとしても、そんな面倒なことわざわざしなかったと思います。

それで惜しみつつもログインは諦めて、いつか自然消滅してしまうかもしれないアカウントにそーっと別れを告げました。
そんなことがあって、多分2015年くらいから徐々に存在を忘れていってました。
で、当該のツイートを見て、うまい表現だなと感心すると共に隆盛を誇っていた2005~10年ころのミクシを懐かしみました。

Yukaも同時期にログインパスワード忘れたとかで全然ログインしてなかったのですが、ちょっと試してもらったら成功!


ただ僕らは’マイミク’同士ではなかったので僕の日記を見ることはできない・・・
しかし我々が知り合うきっかけとなった語学学校のコミュニティは廃墟となりつつも健在で、そこでのやりとりやプライベートメッセージのやりとりを見て懐かしみ・・・

完全に諦めてたのに!

せっかくなので、ミクシをネタにして久々にブログを書こうを思ったわけです。
それで住民票うんぬんのことが今も有効なのか確認するにはどうしたらいいかなと思いながら、一応ログイン試みたんです。

1回目

2回目、

そうか・・もしかしてあのパスワードか!?

ダメ押しの3回目!
おかえり!

なんということでしょう~!
ロックされているはずなのにログインできてしまった!
横にいたYukaもびっくり。

改めて不思議に思う

そういえば・・・・
このログイン成功したパソコンは長いこと使っています。
ここにはmixiのIDとパスワード保存してあって、以前はいちいちパスワード入れなくてもログインしたままにしていたのです。
それが突然アカウントロック扱いになって困ってたのを思い出しました。


もともと海外在住者に冷たかったmixi(新規アカウント作成には日本の携帯電話で認証が必要だった)なのを知っていたので、しばらくログインしていなかった海外在住者のログイン制限でもしていたのではないかと勝手に解釈していたのです。

また勝手な解釈ですが、すっかりSNS競争から遅れをとってしまったmixiが規制を緩めてくれて再ログインしやすくしてくれたのでは?と思うことにしました。
せっかくなんで、これからまたゆるく利用してみようかなと思ってます。

またマイミクと逢える、その日まで・・・


まさに、mixi世紀末に一人残されたにも関わらず生きているかもしれないマイミクさんが見つけてくれるのを信じて発信を続ける勇者となるには、いま!

コメント

タイトルとURLをコピーしました