マオリ文化について調べたことある方、この言葉よく目にしませんか?

「地域や部族によって違います」

初めは気にしてなかったんですが、今はその意味がよーーーく分かります。

思っていたよりもマオリ文化は広く深かった!

 

先に申し上げておくと

私は Ngāpuhi-Nui-Tonu ンガプヒ-ヌイ-トヌ (NZ北島北部一帯の部族。)のマオリ語や風習を学んでいるのですが、同じマオリ語でも結構ちがうということを知りました。

この地域はヨーローピアンが初めに入植し始めた場所だったので、英語の影響を受けているようです。
そして、英語から言葉をもらった単語が多々あります。
区別するために「Ngāpuhi方言」と書きます。

(例)

練習

英語:Practice  → Ngāpuhi方言:Purakatihi プラカティヒ

クラス

英語:Class → Karāhe カラーヘ

写真

英語:Picture → pikitia ピキティア

 

 

Ngāpuhi方言では「W」が抜けている単語が多いです。

(例)

歓迎の儀式

Pōwhiri ポーフィリ →  Ngāpuhi方言:pōhiri ポーヒリ

マオリのことわざ

whakataukī ファカタウキー → Hakataukī ハカタウキー

 

 

一般的によく聞く単語との違いも多々あります。

(例)

良く知られたマオリ単語:Kahurangi カフランギ → Ngāpuhi方言:  Puru  プル
Puruは英語の影響も受けています。

Ngeru ンゲル → Tori トリ

ファンテイル

Pīwakawaka ピーワカワカ  → Tīrairaka ティーライラカ

 

ファンテイルは Pīwakawaka? Tīrairaka?

猫は Ngeru なのか Tori なのか。

 

 

Kahurangi, Ngeru, Piwakawaka も正解です。だけど、北島北部ではPuru, Tori, Tīrairakaと言います。
地域や部族での単語の違いが半端ない。

 

 

 

 

全然違う単語だし、一体どれが正しいの?という疑問が湧いて聞きました。
勉強してる身からするとめちゃくちゃ混乱します。

 

「日本語の標準語に当たるような標準マオリ語はないの?」

 

先生は言いました。

 

「ない」

 

自分の部族やその地域の言葉を使ってるそうです。

だから、もしマオリ語を勉強する方いらっしゃったら、
教えてくれる人の方言を自分の標準語にするのがいいのかなと思います。

 

そんな訳で、このブログで使うマオリ語は基本的にはNgāpuhi-nui-tonuの方言になります。
それを頭の片隅に置いて頂きながらこれから読んでくださいね。

 

 

 

 

ある日、えさやりおじさんの家の前にペット用のかごが置いてあった。

久々の登場、ミミちゃん。

ミミちゃんもあんまり見ない。

どうしているのだろうか、、、もしかして、病気?いなくなったのか?!

と、思っていたら、えさやりおじさんと偶然遭遇。ちょっと話してみた。

 

「ピーチ(みみちゃん)は手術を受けたから、少しは大人しくなると思うんだけどね」

 

はー。

去勢手術したのね。

 

そして数日後にミミちゃんを目撃。

写真は取り損ねたものの、確かにお腹に縫った跡がありました。

 

おじさんの言う通り、落ち着いたかなーと観察してたら

なんか前よりも落ち着いて、、、ないよー!!!

うちにいれてあげたら大興奮。狭い部屋の中を端から端まで走り回っている。

物落とすわ、ジャンプして夜中なのに音を立てるわで、もー大変!

その日は強制退去。

 

ミミちゃんは根っからのやんちゃなのは性格みたいです。

追い出したからか、その後はあんまり姿を見せなくなってしまったミミちゃん。

その代わり、チャッピーはよく来るけど。

2か月ぐらい前までは、しょっちゅう遊びにきて、ゆっくりうちで昼寝してたのにー

ほんとにねこは気まぐれ。

呼んでもこっちを向いてくれない、ミミちゃん。

 

気が向いたら、たまには遊びに来ておくれ。ミミちゃん。。。

 

もう、この子、うちの子といっても過言ではないでしょう。

ほぼ毎晩うちに泊まりにきている、チャッピー。

完全にリラックスするチャッピー。手がたまらない。

ミミちゃんと乱闘の末、うちはチャッピーのテリトリーになった模様。

あ、ミミちゃんの新しいニュースがあるんです。
それはまた今度触れることにしますが。

 

チャッピーは昼にも現れ、よくうちの前のマットに座っている。

玄関の前でリラックス。ドアを開けてもなぜか中には入ってこない。

そして、前にも触れたようにたまに贈り物をくれる。

前は小鳥。

最近のブームはトカゲ。

 

でも、もっともっと私達にインパクトを与える贈り物を持ち込んできた。

それは

 

ノミ。

 

 

なんとなーく、ペットを飼っている人から聞いたことはあったけれども

目視で確認できるくらいの大きさなのですね、ノミって。

刺されるとかゆいですね。

チャッピーも痒そう。

ノミとりを試みるが嫌がるチャッピー。

とりあえずノミとり櫛を買い、毎晩櫛を通して駆除し
毎日掃除機をかけています。

 

これから気温が上がるというのに。。。。チャッピーよ。。。

 

 

 

 

ミミちゃんチャッピー

鉢合わせるといつもケンカする、チャッピーとミミちゃん。

野良猫から飼い猫になったらしい。

同じアパートの人がご主人。

そして、本名が判明。

 

ミミちゃん=ピーチ (ご主人:サーファーのおじさん)

チャッピー=スニッフィー (ご主人:えさやりおじさん)

 

ある日のピーチちゃん。。。ミミちゃんのほうがしっくりくると思うんだけどなー。

もうお別れかな、、、と がっかりしていたら、

飼い主さんは 「アパートみんなの猫だよ。」と言ってくれました。

猫の好きなようにさせてあげるそう。

今まで通り家に入れたり、お泊りさせてもいいって!

 

よかったー。

ご近所さんに恵まれました。

リラックスしすぎるスニッフィー。。。んー、やっぱりチャッピー。

 

これからもねこブログ、続きます。

 

 

 

今朝、玄関前で気配を感じた。

誰だ!

ミミちゃんかなー と思ってみたら、
なんか違う。

ミミちゃんより大きいがチャッピーより小さい。

そして色も違う。

ポッサムじゃないよね?

 

いや、これは、、、新しいねこ!

 

 

寝ているクリケンを起こす。

そして、ゆっくりゆっくり手を伸ばしてみると

触れた!

クリケンの感想。

 

 

ゴワゴワ。

 

 

これからこの子を ゴワちゃん と呼ぼう。

 

 

 

この2日間来ないなーと思っていたら

ミミちゃんが現れた。

と思ったらチャッピーも現れた。

そして

ねこファイト。
別々に来ればいいのに、いつも同じタイミングでくるんだよね、この子達は。

仲がいいのか悪いのか

よくわからん。

実はもう一人、、、じゃなくてもう一猫いるんです、うちのアパート。

夜になると気まぐれにやってくる。

チャッピー と名付けました。

前からいたけれど、こうやって近くに現れるようになったのはつい最近。

体はでかいが、ビビりで声が小さい。

良く見るとイケメン、チャッピー。

 

 

NZはネコフレンドリーな国であります。

家を借りるときに、猫はOK犬はダメといわれるところも結構ありますよ。犬飼ってる友達は家探しにたいそう苦労していました。

続きを読む

冬のオークランド。

雨ばかりで寒い日が続きます。

寒い日に外にいるのはかわいそう。ミミちゃん、中に入れてあげました。

♪ねーこはコタツで丸くなるー♪       って、歌ありましたよね?

 

かわいいー!

ふわふわしてるー!

思わず顔をスリスリ。

 

なんでだろう。おっさんの香水みたいな匂いがするー。

なんかちょっとくやしい。

先月、突然現れた子野良猫。

玄関の前で何か言いたげ。

それから毎日うちの前に来る。

勝手に「ミミちゃん」と名付けてかわいがる。

隣のおじちゃんもミミちゃんに夢中。見つけると抱き上げて家に入れてあげる。

他のご近所さんもエサあげたり、ねこベッド用に古着を玄関に出したり。

ってか、アパートの人も全員ミミちゃんに夢中じゃん 笑

前よりも玄関を開ける回数が増えている。みんなミミちゃんがいないか確認してるのね。はい。うちもです。

みんなお互いに「あんたのとこの猫?」と言い合って、結局誰の猫だかわからず。

最終的に「うちのアパートの猫だね」ってことで落ち着きました。

野良猫のミミちゃん