ニュージーランドの人に日本文化を紹介するページを始めました。

その名も 『KITEKITE きてきて』です。


インスタ: @kitekite_nihon
フェイスブック: @kitekitenihon
ブログ: https://kitekitenihon.blogspot.com
(マオリ語/英語)

始めたきっかけは主に2つあります。


マオリ語浸透に貢献したいと思った。

勉強していて思うのは、
マオリ語で情報を得られるところはまだ少ない。
例えば、マオリ語での日本の紹介は
ほとんど見たことありません。
マオリ語に触れる機会を少しでも増やして
少しでも多くの人に興味を持って頂けたらいいなと思っています。

私達の文化、日本のことを知ってもらいたい。


私達がマオリのことを知って
マオリやニュージーランドの人にも日本のこと知ってもらえたら
もっともっと分かり合えるんじゃないかと思うんです。
普段の会話でも、
共通点を見つけたら話も弾みますよね?
マオリと日本は類似点が多いです。
言葉の発音だけでなく、考え方も。
それがお互い分かったら、もっと仲良くなれるんじゃないでしょうか。


日本好きな方がいたり、マオリの知り合いがいたら、
「こんなページあるんだよー」なんて話のネタの一つにして下さいね。




〈おまけ〉
ニュージーランドやマオリのことを日本語で知りたいという方はこちらをぜひご覧ください。

【Yuka Kurihara(個人ページ)】

マオリ語の勉強のために始めました。
マオリ語の単語と共にニュージーランドのことを色々紹介しています。

インスタ: @yukakokako2011
フェイスブック: https://www.facebook.com/yukakokako2011
(マオリ語/英語/日本語)
*FBは個人ページなので、お友達申請の際はメッセージをお願い致します。


【Aotearoaholic Tours アオテアロアホリック・ツアーズ】

夫と共にニュージーランド(主にオークランド)の
食べ物、自然、文化、場所など
おススメをあれこれご紹介してます。

インスタ: @aotearoaholic_yk
フェイスブック: @aotearoaholic
ブログ: https://blog.aotearoaholic.com (日本語)


『KITEKITE きてきて』やこのブログが
皆さんにとってニュージーランドやマオリに
興味を持つきっかけになれたら嬉しいです。


また見に来てくださいね。
Ka kite anō! カ・キテ・アノー

マオリ文化に興味を持つと
マラエに行ってみたいなーと考える方もいらっしゃると思います。

 

Marae マラエ とは マオリの集会所 です。
イメージ的には 教会、お寺、神社、公民館のような場所です。

 

私にも自分のマラエがありますが、
他のマラエも訪れてみたいと常々思っています。

 

なぜなら、マラエの大体の構造は一緒でも
建物の名前、彫刻のデザインや意味などはマラエによって違うからです。

  

そんな訳で、他のマラエを観てみたい!行ってみたいんです!
が、、、それが結構難しいんです。

  

初めてマラエを訪れる際には、通常は Pōhiri ポーヒリ などの
歓迎の儀式を受けないといけません。
その儀式をして初めて、マラエに入ることが許されます。

  

マオリの人に会うと私はよくこの質問をします。

   

「あなたのマラエに行けるチャンスはない?」と。

   

事前に連絡を取り、大人数で行く場合は受け入れてくれることもあるようですが、少人数ではなかなか難しいようです。

Aotearoaholic Toursでも15名~20名様向けのマラエツアーを扱っております。気になる方はこちらをご覧ください。
マラエ体験ツアー→https://aotearoaholic.com/2018/11/25/marae_experience/

   

でも、
「年に数回開催されるイベントの時は一般にもオープンにしてるからマラエに行けるかもよ」 
という情報をゲット!

  

だから、マラエに行ってみたい方はイベントの時がチャンス!

  

注目のイベントは Waitangi Day と  Matariki です。

  

Waitangi Day ワイタンギ・デー  毎年2月6日 です。
マオリと英国が条約を締結した記念日です。

  

Matariki マタリキ  5月下旬から7月頃にあるマオリの新年です。
プレアデス星団(すばる)が明け方の空に見える時期がその新年に当たります。

  

イベントの一番初めに必ずPōhiriが行われます。
Pōhiri  歓迎の儀式 を観たことない人はぜひ観て下さい。
ちょっと日本語にも似た響きのマオリ語、ぜひ聞いてみてくださいね。

 

 

<おまけ>
このブログをアップした日から一番近いのはワイタンギ・デー。

2019年2月6日に行われるイベントの紹介しておきます。

*ただ残念なことに、開催場所の感じからするとマラエには入れないかもしれません。
やっぱりマラエを訪れるのはなかなか難しいですね。
でも Pōhiri はありますし、マオリ文化には触れられますよ。

  

Waitangi Festival 2019 (ノースランド地方)

ワイタンギ・トリーティー・グラウンドで普段は展示されているカヌーNgātokimatawhaorua ンガートキマタファオルア が実際に海に浮かぶところを見ることができます。その他、伝統ダンス、音楽、フードなど盛りだくさんです。
場所:Waitangi Treaty Grounds, 1 Tau Henare Drive, Waitangi, Bay of Islands
詳細:https://www.waitangi.org.nz/dl/Waitangi-Festival-Programme-2019.pdf

  

  

2019 Waitangi Day Ki Okahu(オークランド)

場所:Orakei Domain, 11 Tamaki Drive, Orakei, Auckland
時間:10:00am – 3:00pm  10amポヒリ
ケリータルトン(オークランドの水族館)のすぐ近くが会場です。
Ngāti Whātua Ōrākei ンガティ・ファートゥア・オーラ―ケイ部族とオークランド・カウンシルの共同運営のイベントです。
詳細:https://www.eventfinda.co.nz/2019/2019-waitangi-day-ki-okahu/auckland/orakei

  

  

Waitangi ki Manukau(オークランド)

場所:Manukau Sports Bowl Greyhound Racing Club, Te Irirangi Drive, Manukau City, Auckland
時間:9am-5pm   9amポヒリ
オークランド・カウンシル運営のイベントで Te Wananga o Aotearoa テ・ワーナンガ・オ・アオテアロアが支援しています。
詳細:https://www.eventfinda.co.nz/2019/waitangi-ki-manukau-2019/auckland/manukau-city

   

その他、気になるイベントがありましたら
Aotearoaholic ToursのFacebookでシェアしますので、ぜひフォローしてくださいね。

 

それでは
Ka kite ano! カ・キテ・アノー またね!

今日7日は、マタカナにてオイスターフェスティバルが開催されます!

Oyster & Wine Festival Matakana 2018

 

場所はMATAKANA COUNTRY PARK

 

入場料は基本大人39.5ドル、子供17ドルです。

料金表のへのリンク→https://oysterfestmatakana.co.nz/tickets/

 

マタカナ周辺のオイスターファームが出店するのはもちろん、近隣のワイナリーやブルワリーも出店します。

他にもいろいろ食べ物の屋台が出店するそうです。

 

今日は天気がよさそうですし、予定がなければいかがでしょう?

 

ただし、行きも帰りも渋滞が予想されますの時間には余裕を持って行かれたほうがよいでしょう。

行きは1号線ワイウェラのトンネルからプホイ、帰りはマタカナからワークワースに入るMatakana Rdで混雑しやすいです。

 

 

 

26日・日曜にシルバーデールで開催 されるマラエ体験ツアー(マオリ語初級講座)、いよいよあと1週間に迫りました。
まだまだ参加者大募集しています!

 

「今までにない」マオリ文化体験ツアーと謳ってるけど、一体何が?

ロトルアとか観光地にある他のマオリショーと何が違うのか?

ぜひ一度来て頂きたいので、ちと長くなりますけどAotearoaholic ToursのHP内で書ききれなかったことを補足説明させてください。

 

観るだけではなにか物足りない・・・と思いませんか?

NZに住んでたらマオリショーを観たことある人も結構居ると思います。確かに民族衣装を着て、迫力ある整ったパフォーマンスで見応えありますね。

たいてい誰もが観たいのはオールプラックスで有名なKa Mateの踊りやポイダンスだと思いますし、実際観るとおお~ってなります。

ただ、観終わった後に一連のパフォーマンスが一体なんの意味があるかちゃんと理解できたという人は割と少ないと思います。

 

要は受動的な体験だけで終わるわけです。

 

「能動的文化体験」

 

私たちAotearoaholic Toursで開催するツアーには、歓迎の儀式一連のことを日本語で説明して参加者のみなさんがしっかり理解できることを目的としています。

そして実際にそこで生活されているマオリの人たちとのリアルな”文化交流”を体験していただくことに価値を置いています。
しかしここのマラエの方々は民族衣装は着ませんし、威圧感のある儀式、例えば敵か味方かを測る儀式(Weroといいます)、とかKa Mateなどはありません。
そのかわり「現在」に実際行われているマラエの歓迎儀式なのでそれをリアルに体験してもらえるはずです。

マオリの文化は今も各地で独自の習慣や方言が伝わっているのですが、今回のツアーの開催地”Te Henga Waka O Orewa Marae”での習慣に則って行なわれます。

ちなみにここはコミュニティマラエと言われていて、地域に密接したマラエだそうです。日本で言うと公民館に近いかもしれません。

観光施設じゃないんで普段はよほど縁がないとそうそう入れる機会はないと思います。

マラエ自体、こういうツアーは普段からやっているわけではなく、私達Aotearoaholic Toursとだけで行われる特別な行事となります。

「文化交流」なので、ゲストの皆さんからもマオリ式挨拶の一環で歌(日本語の、誰でも知ってるような曲)をうたったり簡単なスピーチをしたりして日本の文化を彼らに届けます。これも、普段のマオリショーでは行われていないことなので貴重です。

これが今までにない「能動的文化体験」になるはずです。

 

これら一連の流れをガイドのユカが日本語の説明をつけてやります。で、今回のトピックではマオリ語で自己紹介できることを目指します。

あと軽食の時間がありますが、ただのお食事の時間じゃなくこれにも重要な意味があるんですよ。

サンドイッチ、スープとかいろんなものを用意してくれているのでお昼ご飯は食べて来なくてもいいですよ。

 

とにもかくにも、最初の歓迎の儀式・ポヒリが始まった瞬間の空気感の変化は是非とも感じていただきたい!

得られる知識は今後マオリの文化に触れるときにいろいろ役立つはずと確信しております!

 

 

26日、ご予定がない方は参加をぜひぜひ検討してみてください!
もし質問・ご要望あったらAotearoaholic Toursへメッセージください。

大好きなニュージーランドのことをもっと知ってもらいたくて
夫と私で作ったこのブログ ’Aotearoaholic アオテアロアホリック’。
Facebookとインスタも昨年末から導入しました。

 

そして、Facebookとインスタではすでにご報告させて頂きましたが、
情報発信だけでなく直接ご案内したいと思い、
夫のクリケンと共に
会社 『Aotearoaholic Tours アオテアロアホリック・ツアーズ』 を立ち上げました。

 

Aotearoaholic Toursのホームページです!

 

そしてそして、
会社のウェブサイトもやっと完成いたしました!

Aotearoaholic Tours アオテアロアホリック・ツアーズ
HP:
 https://aotearoaholic.com

クリケンが頑張ってくれました!

 

私達が知ってほしいニュージーランド、特にオークランド北部とノースランド地方を中心に
マオリ文化やNZの鳥や植物、自然保護などにフォーカスしたツアーをご提供します。

先月はマラエの方にご協力頂き、こんなツアーをしました。

【ご報告】ツアー会社立ち上げました!その名も ‘Aotearoaholic Tours’ そして、ツアー開催しました! 記念すべき第一回目のマオリ文化体験ツアー@Te Herenga Waka o Orewa Marae まずPohiri(歓迎の儀式)を行い、マオリ語のスピーチや自己紹介にも挑戦して頂きました。 その後にWaiata(歌)を教えてもらいました。歌を通じて交流もできて、特別な時間になりました。 マラエの皆様とご参加頂きました皆様のおかげで開催することができました。 本当にありがとうございました。 皆様に楽しんでもらえるようにマオリ文化の勉強に精進して、 是非また楽しんで頂けるようなツアーを開催したいと思います! これからもよろしくお願いいたします。 yuka #yukaaotearoaholic #ニュージーランド #オークランド #オークランド観光 #オレワ #シルバーデール #テ・へレンガ・ワカ・オ・オレワ・テ・マラエ #マラエ #マオリ #ポヒリ #ワイアタ #マオリ文化 #マオリ語 #tāmakimakaurau #orewa #weiti #tēnākoutou #teherengawakaoorewamarae #pohiri #waiata #hapanihi

Aotearoaholicさん(@aotearoaholic_yk)がシェアした投稿 –

現在、マラエの方とも話し合って、他のツアーやイベントができるか考え中です。

実現した際は、HP、Facebook、Instagramでご案内させて頂きます。

 

ニュージーランドの公用語は英語だけではありません。
マオリ語とニュージーランド手話も公用語なんです。

 

基本的には英語ですが、地名や植物、鳥の名前、挨拶でもマオリ語が使われています。

 

当たり前ですけど、マオリ語は英語辞書には出てきません。
そして、ニュージーランドではマオリ族じゃなくても使ってます。
そしてそして、最近はマオリ語への関心が高まっています。

 

しゃべれなくても知ってるだけでも理解度は変わるはずです。
もっとニュージーランドでの旅行や暮らしを楽しめると思いますよ。

 

オークランドに旅行でいらっしゃる方
ワーホリ、留学などで来る予定の方、来ていた方
ニュージーランドに住んでいる方
ニュージーランドがなぜか気になる方
そんな皆様のお役に立てるようになりたいと思っています。

 

目標は日本とニュージーランドの架け橋の一人になることです。

 

もっとたくさんの方がニュージーランドのことを知って、好きになってもらえたらうれしいです。

Aotearoaholic Tours をどうぞよろしくお願いいたします。

 

Yuka & Kentaro Kurihara

Aotearoaholic Tours