Waikiki

そういえば5月の終わりから12日間ほどハワイに行ったんですよ。

なんで今ハワイ、とまぁよく聞かれたもんですが、その理由は単純。

死ぬまでに一度は行っときたい夢の島、それがワイハー!

 

ええ日本人ですから。昭和生まれとしてはやはり憧れの航路・ハワイ。今行っとかないとしばらくチャンスなさそうやったというのもありました。

利用したのはハワイアン航空。飛行機が割と好きなんで、いろんな航空会社を乗ってみるのは楽しい。ちょうどセール時期に買えたんで往復一人NZ$1000弱でした。

オークランドからは8時間ちょいで行けるので、日本行きの10時間強を思うと結構楽。

 

さてワイキキ空港(新しい呼び名、ダニエルKイノウエ国際空港になったんですね)に到着。ユカはハワイに中学生のころ来たことあったけど僕はハワイどころか米国入国も初。警戒の厳しい昨今、どんな入国審査が繰り広げられるのか不安と興味が混じっておりました。

入国審査の行列は予想通り長く、そしてかなりの割合の日本人旅行者が居ました。

まずびっくりしたのが、自分で機械を操作して入国手続きをさせられること。写真もちゃんと撮られてパスポートと照合するみたいです。しかし我々の場合、ユカが結婚して性が変わってもパスポートのもともとの表記は旧姓なので米国に限らずひっかかるのでもちろんその機械上では不整合になり、結局人間に審査されることに。

当然、ものすごい眼光の厳しい審査官ばかり。僕らが当たったのは女性審査官。

その時僕の来ていたTシャツもあってか、

これが国旗になればよかったのに(注)

NZから来たことなどすこし雑談も交えわりと和やかな雰囲気で審査は通りました。なんか、シャツに助けられた感じ。

食べ物の持ち込みもきっちり申告しないといけないけども、NZよりはすこし緩い印象。ただ、NZでは昔持ち込み禁止だったマヨネーズなど卵、肉が含まれている製品は持ち込めないものがあるようです。

そして入国して空港ターミナルに出た瞬間、予想を覆すほど不便な空港だと知りました。ワイキキ市街までは市バスもあるけど旅行者の大きい荷物は持ち込めず、タクシーかシャトルを利用しないといけないので我々はシャトルの窓口を探しに行きました。

しかしまぁ、案内板がものすごいわかりにくく、歩き回ってやっとシャトルのカウンターを見つけてブッキングしたけど、その後の案内が適当でこれまたわかり辛い。

現金も両替したかったけど、両替カウンターがものすごい端っこにあった上、日本のフライトに合わせて開業しているらしくちょうど閉店したあとでがっかり。

ハワイの窓口のわりに、イマイチさを感じざるをえないもんでした。

 

オークランド空港はその点整備されていることを再確認。到着口そばにインフォメーションセンター、レンタカー窓口、売店、マクド、シャトル、エアバス、あとあまり知られていないみたいですがマクドの横に無料シャワーが2つあるんですよ。10数年前に一度使った以来、今回の出発で久しぶりに利用したけどありがたかった!トイレもいっぱいあるし。

余談)オークランドに国際線で到着してすぐに免税店があるんですよね。入国審査の前に。あれってNZ独特なんでしょうか??日本でもオーストラリアでも、もちろんハワイでも入国時に免税で買い物できるとこなんてなかった。ウキウキで買い物したものに、万が一入国できずに送還されてしもたら残念極まりないですよね。そもそもあの免税店で買い物してるひとあんまり居ない。あれがある意味わかる人いませんかー?他の国で見たことありますか?謎です。

 

そうこうしてシャトルを捕まえ、ワイキキへ!

サーフィンの神、デューク・カハナモクさんがお出迎え

さて・・・・到着したけど、アメリカ文化の第一関門、それは

 

チップ

 

行く前から懸念していたこのチップ文化。日本とNZに住んでいると全然意識がないので感覚がわからない!ネットで調べても実感がつかめない。なのでもう肌で感じるしかないと腹をくくり、そのシャトルでは他の乗客の様子を、横目ではなく、じっくり観察したけども誰も払っていない様子だったので、今回は払わないという判断を下しました。最後までチップは悩まされましたよ!

ということで、次回はチップ編を書こうかと思います。

 

【注釈】
このTシャツの画は、昨年行われたNZの国旗を変更の可否を問う選挙があった際の提案の一つ。その名も「Fire The Lazar!」
無念ながら決勝投票へ進めませんでしたが熱いファンがいたようで、NZアイコンのTシャツを販売するMr Vintageというお店で発売されました。これ来てるとNZではよく声かけてもらえます。

これはテカポの夜空。

この週末、特に12日(金)の夜中から13日(土)の明け方ペルセウス流星群がやってくるようです。詳しくは下記サイトご参考。

英文記事→https://www.timeanddate.com/astronomy/meteor-shower/perseid.html

日本語記事→https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9239_ph170813

【お詫び】

てっきり世界中で観れるのかと思っていましたが、お友達のMasa君(もはやNZ情報日本語サイトの代表の一つとなった、日刊ニュージーランドライフの管理人)の的確なツッコミがありまして、NZでは観測するのがかなり難しいことが判明しました。

10日午前にこの記事をアップしたんですが、Masa君のご指摘で一旦取り下げまして、訂正・加筆を入れさせていただいた記事を再アップします。失礼しました!

(以下、修正を加えましたんで再アップいたします)

続きを読む

最近ニュージーランドのワイン、有名になってきてます。

日本に帰るたびに数は少ないものの
少しずつNZのものも店頭に並び始めているのを見ては密かに喜んでます。

でも実はオリーブオイルもおいしいって知ってました?

ブドウの木があるところには、だいたいオリーブの木もある。
育つのに必要な土壌や気候が一緒なんだとか。

ほんとに美味しいオリーブオイルはパンにつけるだけでおいしい。

先日行ったマタカナマーケットで出会ったこのオイルもおいしかったー。

Matakana Olive Co-operative マタカナ・オリーブ・コーポレーティブ   https://www.matakanaolivecoop.co.nz/blog

オーナーのIsabellaさん。詳しく説明してくれました。

マタカナはワインで有名なエリア。そこで獲れるオリーブ、そりゃおいしいでしょう!

ここのオイル、賞も受賞してるそうですよ!

一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会  オリーブジャパン国際オリーブオイルコンテスト2016 金賞

一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会  オリーブジャパン国際オリーブオイルコンテスト2016 金賞

おー!!!

ボトルも可愛くて、ギフトにもぴったりじゃない。
ワインが飲めない、アルコールがダメだって人も
オリーブオイルはもらったらうれしいんじゃないかな。

オークランドの高級レストランでも使われているそう。
ほぼ毎週マタカナマーケットで販売している。

オークランド中心部だと、Scarecrowで売ってるそうですよ。

 

ぜひお試しあれ!

 

 

先日、お友達と Auckland-Wellington 3泊4日 車の旅 をしました。

その旅の一部をご紹介。

Wellington ウェリントン といえばカフェ!

時間なくて、土地勘もなくて、なんとか辿り着いたのがここ。

Havana Coffee   http://www.havana.co.nz/

私達は車で行ったけれど、Wellingtonの中心からも歩いて行ける距離です。

ロゴをオークランドでも見たことあるなーと思ってたら

Best Ugly Bagels(オークランドにあるベーグルやさん)で見たことがあるだわ。

カフェと焙煎所、おそらくオフィスも併設されていて、でもかなりオープンな感じ。

ここは入っていいんですか? と思うようなところを行くとお豆を買える所があります。焙煎所を越えた一番奥側。

せっかくなので、おススメの2種類購入。

一つはお友達へのプレゼント。

 

もー、袋に入ってる時点からいい香りを撒き散らしてるー。

そして次の日の朝、持参のコーヒーミルとフィルターで淹れてみると、、、

美味しー! エチオピア、おっしゃる通りフルーティー!

もっと買えばよかった。。。
ニュージーランドならオンラインオーダーできる模様。
お店の人達も気さくで親切でした。

Havana Coffee また行きたいわ。

Wellington…またリベンジせねば。

先日、お友達と Auckland-Wellington3泊4日 車の旅 をしました。
その旅の一部をご紹介。

Wellingtonから超迂回ルートで北へもどる。

Mt.Taranakiをみたい!そのためにNew Plymouthで一泊することに。
(天気が悪くて残念ながら近くからはタラナキ拝めず。次回に持ち越し。)

その途中の町で情報を得るのと軽食食べるために休憩。そこがBulls

Bulls 雄牛 というだけあって、町の入り口に牛の像。

運転してたんで写真は撮れず。しかもその時はこの町の魅力に気付いていなかった。。。

完全にBullsをなめてました。

この町、小さいけれど面白そう。

博物館は3pmまでで、時間間に合わず。あー残念。

あんまりお店もやってなくて、食べ物を求めて辿り着いたのがここ。

Hevenly Pasta  ヘブンリーパスタ http://www.findus.co.nz/heavenly_pasta

パスタの工場兼直売所のお隣にカフェ。

このカフェでおじちゃんのパスタ食べれます。

おじちゃんがパスタ作ってるそうで、新聞に載ったこともあるらしい。

おじさんの趣味、戦闘機のフィギュアコレクションもクールに飾ってありました。

そしてこの時にこの町に来るときに見かけた飛行場は空軍基地だったと知る。

おじさんのパスタは間違いなくHeaven 天国級の美味しさでした。

 

近くに行く際はぜひお試しを!
できたら私にも買ってきて!

私の大好きな場所の一つ。ティリティリマタンギ島。

Tiritirimatangi Islandからの景色

オークランド中心部からフェリーで1時間15分で行けます。

フェリーが苦手な人は途中で寄るGulf Habourから乗れば20分で行けます。

 

ここは鳥好きにはたまらない。私は「鳥天国」と呼んでいる。

NZの珍しい鳥がいるんです。

たとえば

kokako コカコ
Takahe タカへ
Whitehead ホワイトヘッド
Saddleback サドルバック
Blue penguin ブルーペンギン、、、などなど

写真とれたら紹介しますので、しばしお待ちを。

これはKererū ケレルー(ニュージーランドピジョン)↓

 手が届く距離にいたので、きれいにパチリできました。奇跡。

よーくみると羽が美しい。ビューティフル!

ここはよく行くので、また紹介します。

こうご期待!

私の大好きなカフェ。
近くで用事があるときは必ず立ち寄る、Catalyst。
2人のバリスタチャンピオンが作るコーヒーは最高!

NZで一番! いや、世界一なんじゃない?!
お店もシンプルかつオシャレ。

コーヒーって苦いってイメージだったけど、

フルーティーな香りやスパイシーな香りがしたり。
産地や製法、淹れ方、淹れる人によって全然違う。

んーかなり奥が深い。

ここでコーヒーを飲んでから、

今までミルク入り飲んでたけど、すっかりブラック派になりました。
コーヒー革命が起きた!

バリスタのひろ子さんとシンちゃんのコーヒーへの情熱もハンパない。
ぜひ飲んで下さい。

Catalyst    https://www.catalystcoffee.co.nz/

エスプレッソをいれるHirokoさん クール!

ピースするXinちゃん キュート!

—-ちょっと宣伝—-

Hirokoさんのコーヒーのツアーできました。

『NZ スペシャリティコーヒーツアー』
Kiwish Jam Tour        http://syakuiwana.com/service4.html

先日、お友達と Auckland-Wellington3泊4日 車の旅 をしました。

その旅の一部をご紹介。

やってきたのはタウマタ。

ここは世界一長い地名で有名。

ついでに、、、とは言うには超迂回ルート。

目指して行かないと行くことはないでしょう。

この旅の目的の一つとして訪れました。
その名も、、、Taumatawhakatangi……

長いんで写真みてください。

先日、お友達と Auckland-Wellington 3泊4日 車の旅 をしました。

最短8時間半。

でも、、、

もちろん寄り道しますよね。その結果、15時間。

その旅の一部をご紹介。

ティラウで休憩。

この巨大いぬはインフォメーションセンターとトイレ。

ひつじはお土産屋さんだったかな?

なんかわからないけど、この建物が気になって気になって、つい寄ってしまう。

ある意味パワースポットだと思う。

おしゃれな街灯を発見。

よくみるとキャベッジツリーのデザインが。

なんでかなーと思って調べると

Tirau(ティラウ)はマオリ語で

 

Ti   キャベッジツリー

Rau  たくさん

 

「たくさんのキャベッジツリーのある場所」 という意味だそう。

今は残っていないけれど、かつてはたくさん生えていたんだとか。

知らなかったー。

また一つ新たな発見。

 

*以下のサイトを参考にしました。

NZ HISTORY https://nzhistory.govt.nz/keyword/tirau

Tirau Info https://tirauinfo.co.nz/about-tirau/history/

スコットランド蒸留所マップ

かつて大阪に、Potstillというウイスキーバーがありました。

2000年ごろでしたか、友達がすごいええとこみつけた!と梅田からちょっと歩いたかなり怪しいエリアに連れていかれた先にあったのがそのバー。

ウイスキー、しかも特にスコッチに特化したこだわりの強い店でしたが初心者にもとても丁寧でわかりやすくウイスキーを説明してくれ、そして明朗会計、安心して楽しめるところでした。

続きを読む