先日、カウリに蔓延している病気についての勉強会へ参加してきました。
写真は靴の掃除の仕方のチェックをしてもらっているところです。

カウリ・ダイバック病の勉強会で靴の洗い方をチェック。

ボランティアしている団体の研修で、
オークランドカウンシルとDOC(NZ環境保護省)の提供で行われました。

内容は
・カウリとカウリ・ダイバック病について
・人を介しての病気の蔓延をどうやって最小限にするか   などでした。

思っていた以上にこの病気は深刻で
ぜひ皆様にも知って頂きたいと思ったので、この場で書くことにしました。

カウリってどんな木?

Kauri カウリ 学名:Agathis australis

ニュージーランドの北島の北部に自生する
高さ約50m、胴回り約16mにもなる、樹齢1000年以上になる木です。
自ら枝を落としながら成長するので、真っすぐ空に向かって立つ姿は圧巻です。

こんな木です↓

樹齢約800年のカウリの木 @ Parry Kauri Park


先住民マオリは カヌー、家、伝統彫刻などの木材として
カウリガム(樹液)は火を起こすことやチューインガムに使っていました。

ヨーロピアン入植後はさらに森を開拓していき、
船や家を造るために木は伐採され、
樹脂製品の製造のために生きている木をあえて傷つけて
カウリガムが採取されました。

そんな背景がありカウリは減少し、
かつては120万ヘクタールあったカウリの原生林が
今は 7500ヘクタール しか残っていません。

現在、カウリは保護されており許可なくカウリの木を伐採することはできません。

そんな希少なカウリですが、
カウリ・ダイバック病によって更なる危機にさらされています。

カウリ・ダイバックって何?

カウリ・ダイバックの正式名称は
Kauri dieback (phytophthora agathidicida)


1970年代に海外から持ち込まれましたが、
カウリ・ダイバックが見つかったのは2009年で、
本格的な研究や調査が始まったのは2015年からだそうです。

カウリ・ダイバックは胞子で、土や水を介して広がります。
そしてカウリの根っこに付着します。

この病気になると、幹から樹脂が出てきて、葉や枝は枯れてしまいます。
感染してからどれくらいで症状が出るかはまだはっきりとわかっていないそうです。
だから感染していても、症状がまだ出ていない場合もあります。

病気に感染したカウリの近くを通り、
その土を人や動物、バイクなどが運んでしまうことが
病気を広げている大きな原因の一つです。

この動画ではカウリ・ダイバック病のことを説明しています。(英語)

思っていた以上の感染力で、ちょっとの土で広がってしまうそうです。
カウリの近くに行って作業をする人達はかなり気を使っているそうです。

残念ながら病気になってしまった木を治療する術は今のところありません。


今、私たちができること

カウリがある場所に掲げられているサイン

カウリのあるエリアに行く場合には

・指定のトラック(歩道)の上を歩く。
・設置されているクリーニングステーションでブラシと指定の消毒液を使って泥を落とし、靴の裏をきれいにする。
・進入禁止・制限エリアには入らない。
・土を持ち出さない。                
 

そしてカウリのエリアを訪れた後は

・服や靴は泥を完全に落とし、きれいに洗いましょう。

毎回靴を洗うって面倒かもしれません。

でも、一人一人が配慮することによって
カウリに与える影響を少なくすることはできると思います。

もしかしたら
その成果は私たちが生きている間にはわからないかもしれません。

でも、今の取り組みが十年、百年、千年後の将来を変えるかもしれませんね。

ニュージーランドにお住いの方、また、訪れる皆様
ぜひご協力をお願いいたします。

参考にしました↓
Te Ara, Kauri forest https://teara.govt.nz/en/kauri-forest
Department of Conservation, Kauri https://www.doc.govt.nz/nature/native-plants/kauri/
Auckland Council, Protect Kauri Tree
https://www.aucklandcouncil.govt.nz/environment/plants-animals/pests-weeds/Pages/protect-our-kauri-trees.aspx
Keep Kauri Standing
https://www.kauridieback.co.nz/
Kauri 2000, The History of Kauri
https://www.kauri2000.co.nz/2017/03/11/the-history-of-kauri/

暖かくなってきました

 

アイスクリームのシーズン到来ですね。

NZは乳製品大国なので、アイスクリームのレベルがとても高いと思っているAotearoaholicです。

 

しかし、僕はこれが一番好きかもしれません。

 

ソフトクリーム界のアベレージヒッター

 

マクドナルドの「Soft Serve Cone」です。

マクドを見かけるとほぼ必ずコレが頭をよぎり、買いに行こうか一瞬迷います。

仕事の帰り道にマクド前を必ず通るから、ほぼ毎日そう考えていると思って頂いてよいと思います。

でも大抵通り過ぎるんですが。

 

今日は暖かかったし無性に食べたくなったんで買い食いして帰宅しました。

バーガーキング、KFCにも同じようなものはありますが、マクドのがダントツでうまいと思っています。コーンもこのチープなやつだからいいのです。

 

そういえば最近のマクドは、セルフ会計システムがあって便利ですね。日本には導入されたんでしょうか?

photo by GoToVan

(写真拝借しました。どこのマクドかは不明です)

 

で、僕はこのシステムがあるお店だと安心してソフトサーブコーンを注文できます。

 

それはなんでか。

 

レジの人に直接オーダーすると、99%の確率で一回で通じないから!

 

です。

僕、サ行、英語だとSから始まる単語の発音が悪いんですよね。なので、この

 

Soft Serve Cone

 

という発音は非常に難しいんですわ。さらに、よりによってServe。サーヴ。言いにくい。

そもそもServe自体の発音がそもそも日本人には苦手な方が多いんじゃないでしょうか。

いままで何度買ったかわかりませんが、過去一回だけイッパツで通じたことがあってそれは嬉しかったですね。

ましてやドライブスルーでこれを注文するなんて、超上級編ですよ僕には。

 

ところで・・

 

ソフトサーブコーン、現在は$1で買えるNZでは超お手軽デザートです。最近の為替レートでなら75円くらいですね。

 

でも僕が最初にきた1998年は50¢(当時のレート NZD $1=75で約38円)でした。いつだったか忘れましたが、2000年代のどこかで80¢に値上がりしていつの間にか現在の$1になっていました。

ちなみにオーストラリアに2000年に居たのですが、その時はAU30¢で驚愕した覚えがあります(当時のレートAUD $1=60円換算で約18円!)。

今はAU60¢(約50円)のようなので、NZとちょうど同じ倍額になっていますね。

 

倍になって高くなったな~と思うんですが、よく考えてみると最低賃金/平均給与はNZ、AUSそれぞれ当時とはだいたい2倍以上になったことを思うと意外と安止まりしているのかもしれませんね。

 

もう一つの夏の風物詩

 

といえば、Mr.Whippy!

photo by Michael K Donnelly

(これも拝借しましたが、場所は不明です)

人の集まるビーチに行けば高確率で出会えます。

ソフトサーブコーンよりは割高($3~)ではありますが、夏の暑いビーチによく合う!オプションもたくさん!

この夏買うことがあればブログのネタにしますのでまたよろしく!

オークランド北部のワークワース(Warkworth)からオークランドまで公共のバスが開通しました!

9月30日(日)から運行が始まってます。

955番のバス

 

昨日、ワークワースで車の窓ガラス交換に行ったんですよ。

4時間くらいかかりそうだったんで、最初はワークワースの図書館ででも時間つぶしかなぁと思ってたんですが、じゃあこのバスに乗ってオレワまで行ってみるか!と思いつき乗ってみることにしました。

ワークワースの街に流れる川沿いに図書館、i siteなどがあるところが起点。スクールホリデー中ということもあり、8人組の10代の子たちがバスを待っていました。

彼らは普段バスにのることがないからか、AT hopカード(タッチ式プリペイドカード)を持っておらず皆現金払いで乗っていました。

ワークワースの街中に数点がバス停があるみたいですが起点以外からは誰も乗ってこずそのままHibiscus Coast Stationまで直行でした。

 

オークランドへ続く国道1号線。いつもは自分で運転している慣れた道なんですが、バスからだとやはり違う雰囲気がするもんですね。

 

約30分でHibiscus Coast Stationに到着。

Hibiscus Coast Station

 

僕はそこからオレワに向かいましたので乗り継ぎのバスを待ちましたが、僕以外の乗客は皆オークランド方面に行くためNX1(以前はNEX)の2階建てバスに乗裏替えて行きました。

NX1のバスへの乗り継ぎ時間は約3分ほど。そこからダウンタウンへはスムーズに行けば約30~40分程度で着きますので、ワークワースからダウンタウンまでは1時間強で行けるということみたいですね!

 

NEXからNX1になりました

 

気になる料金

料金は以下のようになっています。

(学生料金は別途にあり、登録などが必要になります)

なんと現金だと3倍ちかくになってしまいますよ!

ダウンタウンまでの往復は、大人の場合AT Hopカード利用で$15ということですね。

ちなみに、オレワ行きの981番に乗り継いで行った僕は乗り継ぎの追加料金はなしでしたので、2zones適用の$3.3でした。

 

新ルートができることによって

これまでは自家用車、シャトルバスまたはInter Cityバスなどの一部サービスでしか往来できなかったのですが、この度10月からAuckland Transpotがサービスを開始することになり、さらにオークランドの通勤・通学圏内が拡大されたということでもあります。

ただしオークランドシティ直通ではなく、必ずシルバーデール(Silverdale)のHibiscus Coast Stationで乗り換える必要がありますよ。

 

Snails Beach/Algies Bay行きの996番、Matakana/Omaha行きの997番という路線も開始しています。

ということは土曜に人気のマタカナマーケットもバスで行けてしまいます!

(ツアー会社側としてはちょっと複雑な気持ちは正直にありますが)

 

これから夏の連休時など、マタカナ方面から帰ってくる便は渋滞にはまるかもしれませんね。結構抜けるのに時間かかります!ひどいと4倍くらい。

もし利用されるならちょっと覚えておいていただけるといいかと思います。

 

余談

この改正の裏側で、残念ながら僕たちの住むワイウェラとファンガパラオアのガルフハーバー、それぞれ朝夕数本あったダウンタウン直通便の991X・992Xが廃止されています・・・

以前ポンソンビーで働いてたときは911Xを使っていて便利だったんですけどねー。残念です!