通い始めたマオリ語クラスは一年のプログラム。
5週間ごとでテーマが変わります。

もちろんテストもあります。スピーキングとライティングです。
大変だけど、やりがいがあります。

Tangata 人 と  Moana 海

第一回目のテーマはTangata タンガタ (人)。
主に自己紹介の仕方を習いました。

せっかくなので、私の自己紹介をさせて頂きます。

Ko Tanigawadake te maunga.    コ タニガワダケ テ マウンガ
山は谷川岳。
Ko Tonegawa te awa.        コ トネガワ テ アワ
川は利根川。
Ko Air NZ te waka.         コ エアーニュージーランド テ ワカ
カヌーはニュージーランド航空。
Ko Hapanihi te moana.        コ ハパニヒ テ モアナ
海は日本海。
Ko Mozaemon te marae.       コ モザエモン テ マラエ
集会所は茂左衛門(地蔵尊)
Ko Ngāti Hapanihi te iwi.     コ ンガーティ ハパニヒ テ イウィ
部族は日本人。
Ko Ito te tangata.          コ イトウ テ タンガタ
先祖はイトウ。
Ko Yuka ahau.            コ ユカ アハウ
私はユカです。

基本形: Ko ○○ te  □□.    □□ は ○○。

○○に固有名詞(例:谷川岳)、□□に普通名詞(例:山)がきます。

普通名詞はこちら↓

  • maunga  マウンガ  山
  • awa    アワ    川
  • waka   ワカ    カヌー
  • moana   モアナ   海
  • marae   マラエ   集会所
  • iwi    イウィ   部族
  • tangata  タンガタ  先祖

固有名詞でマオリ語があるものをいくつかご紹介。↓

  • Ngāti Hapanihi  ンガーティ ハパニヒ    日本人
  • Hapanihi (te moana)  ハパニヒ(テ モアナ)   日本海
  • Moana-nui-a-Kiwa   モアナ・ヌイ・ア・キワ   太平洋

山や川、海などを聞けば、その人がどちらの出身か分かります。
私の出身地どこかわかりますか?

ヒントはこの私の足元にあります。

この自己紹介の仕方には困惑しました。

私の先祖って、誰?
山、川、海ってどこだろう?
マラエ(集会所)って何?と。

クラスメイトは「Mt Fujiとかは?」と提案してくれましたが
私自身は富士山にはあまり馴染みがなくて、ちょっと違和感がありました。

先祖なんてわかるの?って思うんですが、
マオリ族は約800年前に他の土地からカヌーで渡ってきた人々。
ご先祖様が誰か、どのカヌーで渡ってきたかが語り継がれていて分かるようです。
マオリではないクラスメイトも先祖や船を分かっている人がいました。

なぜか?
ニュージーランドって元々は人間がいなかったので、絶対に船などで渡ってきてます。だからちゃんと記録に残っていて辿れる人も多いのです。

集会所ですが、日本出身の私には「マラエ」というものがありません。
私のようにマラエがない場合は
「教会や神社、お寺、何かのときに集まるような場所」で良いそうです。
それでもすぐには思いつきませんでした。

逆にあっさりと出てきたのは 部族。
何を今更と思うかもしれませんが、改めて私は日本人なんだなと思いました。
あとカヌーも。
ここでいうカヌーは 船 という意味で「どの船でNZに来たか」を表わします。
なので飛行機でやってきた私の船は ニュージーランド航空(Air NZ) となります。

先祖は誰かまではさすがに突き止められなかったので、旧姓を当てはめることにしました。もし歴史上の人物が自分のご先祖様だったらぱっと言えたかも。

両親にも協力してもらい、リサーチした末、
群馬生まれの私は、小さい頃に遊んだりして馴染みのある場所を
自分の山、川、海、集会所として選ぶことにしました。
それが私の自己紹介になっています。

マオリ語学んでるんですけど、
ついでに自分のルーツを考えるいいきっかけになりました。

 

もしマオリ語で自己紹介する機会あったら、

Ko ○○ te □□.

ぜひ使ってみて下さいね。

 

 

*紹介しているマオリ語は私が学んだことを元にしています。
私の学んでいるマオリ語はノースランド地方の部族、Ngāpuhiの言葉がメインになっています。マオリ語は地域や部族によって単語などが違うこともあります。
私もまだまだ勉強中の身です。もし間違いやご意見、ご質問などありましたらご連絡下さい。

毎年、1月末にはオークランドはAuckland Anniversary Day (オークランド記念日)で3連休になります。

Rangitoto Islandからみたオークランド

オークランド記念日は1月29日。でも、連休になるように年によって日は変わります。
今年は偶然にも1月29日(月)。

そもそもオークランド記念日は何の記念日?

1840年の1月29日に初代ニュージーランド総督ウィリアム・ホブソンがベイ・オブ・アイランド(ニュージーランド北島の北部)に到着した日を記念した日なんです。

実はそういう日だったんですねー。

 

とにかく、この連休はイベント盛り沢山。
その中でもイチオシはこちら。

Tamaki Herenga Waka Festival
タマキ・ヘレンガ・ウェカ フェスティバル

マオリの文化に触れることができる
2018年1月27日(土)~29日(月)の3日間のイベント。
ANZ Viaduct Event Centreで開催されます。オークランド中心部です。

毎年行われているこのイベント。
内容は

・Waka ワカ (カヌー)の展示、体験、セーリング(有料)
・Moko モコ (タトゥー)展示
・Temporary Moko(数日で消える一時的なタトゥー)の体験
・マオリ伝統のダンスや歌のパフォーマンス
・Rongoa Maori ロンゴア・マオリ マオリハーブ お試しや購入
・Kai フード
・マオリの伝統的ゲーム などなど

 

私も昨年行きました。私が楽しんだのは、
・ステージのパフォーマンス鑑賞。 かなりの迫力!観てほしい!
・伝統マッサージ Mirimiri ミリミリ施術(有料)けっこう力強いマッサージ。気持ちよかったです。
・Rongoa Maori(マオリハーブ) カワカワティーなどの試飲。あまり癖がない、飲みやすいお茶でした。
・マオリの物語の朗読会 オークランドに関する物語を聞きました。

オークランド博物館やロトルアまで行けば、マオリ文化に触れることができますが
普段のオークランドの生活ではそんなに機会はありません。

しかも入場料無料!

マオリ文化に興味がある方には、とっても有意義な一日になること間違いありません。

 

もちろん、他にもこんなイベントあります。

2018年1月27日(土)9pm~12amまで30分おき
太陽光を使ったLEDでオークランドのアイコン、ハーバーブリッジがライトアップされます。

2018年1月27日(土)~29日(月)9am~6pm@Captain Cook Wharf
普段は立ち入りできない港へ入ることができます。入場無料。
家族向けのイベントが沢山あります。

2018年1月28日(日)6pm~10pm @Captain Cook Wharf
オーケストラのパフォーマンスを楽しみ、最後にはレーザー光線と花火があがります。夏と言えば花火!NZではあまり見る機会がないですもんね。

他にもオークランド各地でイベント行われています。
詳しく知りたい方はこちらを参考にどうぞ↓

OurAuckland Auckland Anniversary Weekend

 

オークランドはニュージーランドで一番大きな都市ですが
それでも日本に比べれば遊びに行く場所って、正直少ないです。
お店は早くに閉まっちゃうし、カラオケなんかもあんまりない。

でもでも、
無料で楽しめるイベントは探せばたくさん!
天気が良かったら楽しさ倍増!

夏のオークランドのイベント、ぜひお試しあれ!

 

以前、アヒポキ丼のお店を紹介しましたが
また新しいお店ができました。またノースショアに!

もしかしてオークランド、アヒポキ丼ブームなんじゃない!?

行ってみました。

Blu Poké Shed in Albany

ショッピングモールからも、バスステーションからも少し離れてる
ビジネスエリアにお店はありました。

 

Blu Poké Shed

https://www.facebook.com/blupokeshed/

住所:Unit 3, 56 Apollo Drive, Albany, Auckland

 

通常、週末のビジネスエリアは人っけがないもの。

でもここは違った! 土曜日なのに人が来る来る。

入店したらオーナーっぽい(でもオーナーじゃない)おじさんが
「来店は初めてですか?」(英語)と話しかけてくれて
親切にメニューの説明もしてくれました。

このおじさんの感じの良さだけでも、また来たいと思いました。
まだ食べてないのに。

 

好きな具を選ぶこともできるそうですが
まずはメニューの中からチョイス。

‘blu’s Signature’ という名の
漬けマグロ、枝豆、キュウリ、わかめサラダ、マンゴー、とびっこ、、、などなどが
盛られるどんぶり。

 

玄米か白米か選べて、具もだくさん!
マグロかサーモンか、または両方か選べる。

おじさん曰く、何が一番合うか試行錯誤してメニューを作ったとか。

マグロも冷凍じゃなく、フレッシュを使ってるそう。

 

ほー。それはポイント高い!

 

店内でも食べることができますが、
お天気良かったのでテイクアウェイしてビーチヘ。

blu poke shed のアヒポキ丼’blu’s Signature’

ちょっと車を走らせたらきれいな海と空が見える、「この国、最高!」と思う瞬間。

 

アヒポキ丼もおいしー!

サラダの具が多くて、ヘルシー!

ハワイで食べたものはマグロを惜しみなくドーンと入れてくれて、量が半端なかった。
それも好きだったけど、それと比べてサラダも盛られ、色合いがきれい。

とびっこの食感がいい役目果たしてました。

マンゴーと砕いたマカダミアナッツもありでした。

アボガド足したからかもしれないけど、ちょっと量が多く感じました。
ごはん少しだけ残してしまった。
もったいなかった。。。

今度はごはん少なめにしてもらおうかと思います。

 

ここはおすすめ!

車がないとアクセスしずらい場所ですが、
Albany周辺に行く機会があったら
ぜひお試しあれ!

 

今日は雨が降ったり、止んだり。

晴れてるけど、曇っていたり。

ニュージーランドのお天気です。

 

車で走っていると、虹がみえました。

Northern MotorwayのCity方面に向かって。

オークランドの街とにじ。

いつもより低め

オークランドのシンボル、スカイタワーと。

 

ビューティフル!

 

 

オークランドの冬は日本にくらべれば

寒くないはずだけど

寒いものは寒い。
早朝のお仕事が終わりの

家にもどる途中

こんな景色に遭遇。

見えるかな?

これはビーチですよ。

温泉が出てるとかでもないですよ。

冷え込みで海から靄(もや)が出てるんですよ。

神秘的な朝。

早起きしないとみれない景色。

おまけ

今朝のTakapunaからのRangitoto島の朝焼け

ビューティフル!

天気が安定しない冬のオークランド。

でも、けっこうな頻度で虹がみられる虹の季節。
仕事に行く途中に現れた虹。

あまりにもきれいだったので思わずパチリ。

くっきり。根元も見える!
ビューティフル。