先日、カウリに蔓延している病気についての勉強会へ参加してきました。
写真は靴の掃除の仕方のチェックをしてもらっているところです。

カウリ・ダイバック病の勉強会で靴の洗い方をチェック。

ボランティアしている団体の研修で、
オークランドカウンシルとDOC(NZ環境保護省)の提供で行われました。

内容は
・カウリとカウリ・ダイバック病について
・人を介しての病気の蔓延をどうやって最小限にするか   などでした。

思っていた以上にこの病気は深刻で
ぜひ皆様にも知って頂きたいと思ったので、この場で書くことにしました。

カウリってどんな木?

Kauri カウリ 学名:Agathis australis

ニュージーランドの北島の北部に自生する
高さ約50m、胴回り約16mにもなる、樹齢1000年以上になる木です。
自ら枝を落としながら成長するので、真っすぐ空に向かって立つ姿は圧巻です。

こんな木です↓

樹齢約800年のカウリの木 @ Parry Kauri Park


先住民マオリは カヌー、家、伝統彫刻などの木材として
カウリガム(樹液)は火を起こすことやチューインガムに使っていました。

ヨーロピアン入植後はさらに森を開拓していき、
船や家を造るために木は伐採され、
樹脂製品の製造のために生きている木をあえて傷つけて
カウリガムが採取されました。

そんな背景がありカウリは減少し、
かつては120万ヘクタールあったカウリの原生林が
今は 7500ヘクタール しか残っていません。

現在、カウリは保護されており許可なくカウリの木を伐採することはできません。

そんな希少なカウリですが、
カウリ・ダイバック病によって更なる危機にさらされています。

カウリ・ダイバックって何?

カウリ・ダイバックの正式名称は
Kauri dieback (phytophthora agathidicida)


1970年代に海外から持ち込まれましたが、
カウリ・ダイバックが見つかったのは2009年で、
本格的な研究や調査が始まったのは2015年からだそうです。

カウリ・ダイバックは胞子で、土や水を介して広がります。
そしてカウリの根っこに付着します。

この病気になると、幹から樹脂が出てきて、葉や枝は枯れてしまいます。
感染してからどれくらいで症状が出るかはまだはっきりとわかっていないそうです。
だから感染していても、症状がまだ出ていない場合もあります。

病気に感染したカウリの近くを通り、
その土を人や動物、バイクなどが運んでしまうことが
病気を広げている大きな原因の一つです。

この動画ではカウリ・ダイバック病のことを説明しています。(英語)

思っていた以上の感染力で、ちょっとの土で広がってしまうそうです。
カウリの近くに行って作業をする人達はかなり気を使っているそうです。

残念ながら病気になってしまった木を治療する術は今のところありません。


今、私たちができること

カウリがある場所に掲げられているサイン

カウリのあるエリアに行く場合には

・指定のトラック(歩道)の上を歩く。
・設置されているクリーニングステーションでブラシと指定の消毒液を使って泥を落とし、靴の裏をきれいにする。
・進入禁止・制限エリアには入らない。
・土を持ち出さない。                
 

そしてカウリのエリアを訪れた後は

・服や靴は泥を完全に落とし、きれいに洗いましょう。

毎回靴を洗うって面倒かもしれません。

でも、一人一人が配慮することによって
カウリに与える影響を少なくすることはできると思います。

もしかしたら
その成果は私たちが生きている間にはわからないかもしれません。

でも、今の取り組みが十年、百年、千年後の将来を変えるかもしれませんね。

ニュージーランドにお住いの方、また、訪れる皆様
ぜひご協力をお願いいたします。

参考にしました↓
Te Ara, Kauri forest https://teara.govt.nz/en/kauri-forest
Department of Conservation, Kauri https://www.doc.govt.nz/nature/native-plants/kauri/
Auckland Council, Protect Kauri Tree
https://www.aucklandcouncil.govt.nz/environment/plants-animals/pests-weeds/Pages/protect-our-kauri-trees.aspx
Keep Kauri Standing
https://www.kauridieback.co.nz/
Kauri 2000, The History of Kauri
https://www.kauri2000.co.nz/2017/03/11/the-history-of-kauri/

ニュージーランドには素敵なウォーキングコースが沢山あるんですけど、
最近ハマっているのはWenderholm Regional Park ウェンダ-ホルム・リージョナル・パーク。

オークランド中心部から車で北へ35分行ったところにある
オークランド市が管理している公園です。

ここを歩いている時に、なんとニュージーランドのフクロウを発見!

この写真の中に2羽います。
見つけられますか?

Ruru/Moreporkはどこにいるでしょうか?

 

 

 

 

 

答え.

 

続きを読む

オークランドの無料雑誌「OurAuckland」でコウモリ探知機を貸してもらえると知り、申し込んで待つこと約2か月。
やっと順番が回ってきたので、Long-tailed batを探しに行くことにしました。
前回のお話→「オークランドでコウモリ探し その1」

目星をつけたHenderson Park ヘンダーソン公園 にコウモリ探しに出発。

改めて、コウモリ探知機はこんなやつです。

借りたBat detector(コウモリ探知機)

40kHzに合わせます。

人間には超音波は聞こえませんので、コウモリ探知機を使って見つけるのです。

もしLong-tailed batがいたら、こんな音がするらしい。
このリンク先で聞けます。↓
https://soundcloud.com/nzbatman/dunns-bush-bat-recording

急な召集だったのにも関わらず、友人計8人が集結!

8時過ぎに集まって、川沿いを歩いていきます。

集合した時は日没前。徐々に暗くなって、終わるころには真っ暗に。

初めは散歩している人もいましたが、最後には全く人の気配がありませんでした。
いや、誰かいたら逆に怖かったかも。

皆さんもコウモリを探しに行く時は、安全第一で行きましょうね。

 

歩くこと約1時間半。

 

特に反応なし。。。

 

コウモリらしきものも目撃できませんでした。残念。

はじめからすぐ見つかるわけないか。。。

 

 

次の日は場所を変えて

Tawharanui Regional Park タファラヌイ公園へ。
オークランド中心部から北へ車で約1時間20分行ったところにあります。
鳥を観察するには最高の公園です。タカへもいます。

夫と二人で行きました。
Tawharanuiは何度も来たことがあるので、土地勘もありますし
準備もしっかりとしていきました。

ここで8:30pmから10pm頃まで粘る。

 

が、なーんにも反応せず。

ここにはいないのかもしれません。。。

 

でもコウモリの代わりにこんな珍しい子が姿を見せてくれました。

Morepork モアポーク/マオリ語:Ruru ルル
ニュージーランドアオバズク

・ニュージーランドに自生するフクロウ
・名前の由来は鳴き声からきている
・夜行性
・体長25cmくらい
・肉食
・本土にも多く生息

オークランドの市街地でも森の近くに住んでいると鳴き声は聞こえるんです。
が、姿はなかなか見れません。

でもこの日は日没時に歩いていたら、
ウォーキングトラックの近くで何度もみれました。

思ってたより小さくてカワイイ子でした。

これはこれで大興奮!

 

 

それでもコウモリ探しを諦められず、
帰りにWenderholm Regional Park ウェンダ-ホルム公園 にも行ってみました。

やっぱり真っ暗の公園は怖かったんで、
知ってるウォーキングトラックで10分間だけ試しました。

 

反応なし。

 

が、その代わりに土ボタルがいることが分かりました。

またまた思わぬ発見!

 

そんなラッキーなこともありましたが、結局本題のコウモリは見つけられずに
期日の30日を迎えます。

 

探知機を返しに行きましたが、やっぱりやっぱり諦めきれない!見てみたい!

ということで再予約しました。また順番待ちです。

 

 

コウモリ探しはまだまだ続く。

 

 

 

毎月家に届くオークランドカウンシルから届く雑誌「OurAuckland」。
オークランドの市長の言葉から始まり、毎月のお知らせやイベント案内などなど
色々な情報が載っているのです。

私はけっこう楽しみにしてます。

オークランドに住んでいたらお家に届く無料の雑誌

いつものように読んでいると
2017年11月号にこんな記事が書いてありました。

オークランドカウンシルから無料でコウモリ探知機を貸りて、近所や小川、公園にコウモリ探しに行くことができます。

コウモリ探知機は人には聞こえないエコロケーション(音声ナビゲーション)をひろって、聞き取れるようにクリック音やブザー音に変換してくれます。

2017年4月、15年ぶりに西オークランドのヘンダーソンというエリアでペカペカ(ロングテイルド・バット)が見つかりました。

プロジェクト・トゥイン・ストリームスの取り組んでいる小川再生活動と害獣害虫駆除活動によってコウモリが食べる虫を惹きつけ、市街地にコウモリが戻ってきたのです。

プケプケは春から夏にかけて活発になり、日暮れや夜明けに餌を食べます。

他にロングテイルド・バットが好む条件は水の近く、空地、古い木があるところ、暖かい夜

出典元:Our Auckland, 11月号, Become a bat-spotter

 

そういえば、、、オークランドに来てからコウモリ見たことない。
日本だとたまに見かけますよね。

今回記事になっていたオークランドでみられるコウモリはこれ。

Our Auckland ‘5 facts about long-tailed bats’より

Long-tailed bat ロングテイルド・バット

  • マオリ語でPekapeka  ペカペカ
  • 1800年代はNZ全域に生息していたが、今は希少
  • 体長は親指くらい
  • 日中は木や木の穴、大きい木の着生している植物などにいる
  • 主に虫を食べる
  • 一年に一匹しか子供を産まない
  • 寒い季節はあまり活発でなく、半冬眠することもある

ちなみにNZにコウモリはあと1種、Short-tailed batがいます。

見たことがないのは、小さくて夜行性で、数が非常に少ないからですね。
「コウモリ」ってこわいイメージだったけど、写真だとカワイイ。

 

ぜひとも見てみたーい!

 

 

さっそく、探知機を借りるためにオークランドカウンシルにメールしました。

すると、ちゃんと返事が返ってきました!
でも「Forest&birdEco Mattersにメールして下さい」との返答。
両方とも環境保全に取り組んでいる団体です。

今回は事務所がNew LynnにあるEco Mattersに連絡を取りました。
「希望者多数で順番待ちです」との事。

んー、思っていたより関心が高い。

でもやっぱり借りたいので11月中旬から順番待ちリストに入れてもらいました。

 

しばらく連絡来ず。

 

忘れられてるのか、、、

 

と思っていた1月中旬。

「もうすぐですよ」と連絡がきました。ワクワク。

 

そして、
1月27日にやっと順番がやってきたのです。

やっと順番が回ってきたBat detector

ただ、まだ待っている人もいるので借りられる期間は短い。
30日には返却しないといけない。

うー、、、あまり時間がない。

急きょ友達を誘い、西オークランドのヘンダーソンに行ってみることに。
目星をつけたのはここ。

Henderson Park

さあ、コウモリ見つけられるかなー。

 

つづく

 

参考にしました。