今日はちょっと真剣なお話。

ここしばらくブログを上げてませんでした。
マオリ語/文化クラスも終わりに近づき、ノースランドへマラエ宿泊の旅へ行ったり、アセスメント、仕事、ボランティア活動などで余裕がありませんでした。。。

それともう一つ、自分の中での葛藤と迷いがありました。

それは【マオリではない私がマオリのことを伝える】ことについてです。


Kaitaia の Te Ahu にて撮影
Kaitaia の Te Ahu にて撮影

少し前にこんなことがありました。

私のマラエ(マオリ式の集会所)では女性であれば、カランガ(Call/呼びかけ/ポフィリの最初のプロセス)という
神聖な儀式の一部を練習することができます。

ですが、これは私のマラエだけの話です。
私のマラエは「コミュニティーマラエ」なので、部族や国籍など関係なく、地域の皆さんを受け入れてくれます。が、他のマラエではそうはいきません。

しかし、厳格な部族の方々にはコミュニティーマラエであっても、若い人やマオリでない人がカランガをすることに対して違和感を与えることがあります。

実際にこう言われました。

「これは差別しているわけではないんだけれど、マオリではない人がカランガをするべきでないと思う」

「自分のマラエではその役割をさせてもらうのに、長い年月がかかった。誰でもできるものではない。」

正直な意見を聞けたことが嬉しかったです。
本当に私のことを思っているからこそ言ってくれた優しい言葉です。

Kaitaia の Te Ahu にて撮影



しかし、同時にショックでした。

私はカランガを練習させてもらってます。自分から「やってみたい!」と言いました。
私自身は決して儀式を軽くみていた訳ではないのです。
とても光栄なことで、神聖な儀式だと感じながら練習もしました。
日本人でカランガできる人に会ったことないので、だからこそ、日本人がマラエを訪れるときには(勝手ながら)日本を背負っているぐらいの気持ちでやってました。

マオリでもパケハ(ヨーロピアン)でも、日本人でも、皆を受け入れるのが私のマラエの代表の考え方であり、このマラエのしきたりです。
だから、私のマラエでは私がカランガをすることは許されています。

ですが、知らず知らず違和感を与えていたのです。
重々気を付けているつもりでしたが、それに私は気づいていませんでした。

皆様に誤解して頂きたくないのですが、彼女は私のことを否定しているわけではないですし、いつも沢山のことを教えてくれる優しいし、とっても頼りにしている人です。いつも感謝しています。
関係性ができてきたからこそ、正直に伝えてくれたんです。

このことは他のクラスメイトともシェアしました。
その結果、彼女がいるときはマオリでない人がカランガをすることを控えることにしました。
彼女は年上でもあり、知識も豊富です。それに彼女は彼女のしきたりに従っているので、それを尊重するべきだと。

日本でも同じですね。年上で経験豊富な方がいらっしゃったら、その方の考えを重んじ、従うのが筋だと思います。

今になってみると、ちゃんと理解していないのに、カランガをやることは失礼だったかもしれないとも思います。これは今でも正直悩んでいるところです。
でも過去には戻れないですし、経験させてもらったからこそ、さらにその重みや深さ、神聖さを感じることができました。

マラエからきれいな虹が見えました 


長くなりましたが、
こんなこともあって、ここ数カ月混沌とした日々を過ごしていました。

でも、そんな時にマオリ語の先生にこんな言葉をかけてもらいました。

「Yuka. Yukaは日本人。でもマオリの心/魂を持っている。色んな事いわれることがあるかもしれない。だけど、Haere tonu. 続けなさい。」

うれしかったです。

友人からもこんな言葉を頂きました。
「ブログ最近上がってないね。楽しみにしているよ。」

見てる人あんまりいないと思ってたので、とてもうれしかったです。

今でも難しさや迷いはあります。たぶん一生悩んでるでしょう。
ただ、私の経験を皆様にシェアすることは【私の役割】であると信じています。

皆様のお言葉にいつも助けられます。
Ngā mihi nui ki a koutou katoa.

本当にいつもありがとうございます。

考え過ぎて頻繁にはアップできませんが、地道に続けていきますので
どうぞこれからもよろしくお願いします。

マオリ式の鼻と鼻を合わせる挨拶、それをHongi(ホンギ)と言います。

普段ハグとかしない日本人にとってはちょっとドキドキしちゃいますよね。


ホンギはマオリ神話が起源です。

森の守り神タネ・マフタが赤土で女性を模り、鼻から息を吹き込んだことにより初めての女性が誕生した。そんな神話です。(部族によって多少違いがあります)

なので、ホンギをしてくれるってことは
大切な息吹を分かち合ってくれるってことであり、受け入れてくれてるってことです。

マラエに行って、ホンギをお断りするのは失礼になります。
儀式の時、相手がホンギをしてきた時はぜひして下さい。

でも初めは戸惑っちゃいますよね。
それも分かります。

なので、私なりのホンギのコツ、お伝えします。


<ホンギの方法とコツ>

Hongi(ホンギ)

1-右手で握手をします。

→Tēnā koe(テーナー・コエ) や Kia ora(キア・オラ)などの挨拶の言葉を添えると印象が良いでしょう。言わなくても大丈夫です。

2-相手の右肩に左手を添える。

→こうすることで、相手との距離感が掴みやすくなります。

3-顔を近づけておでこを合わせてから、鼻を合わせる

→「鼻と鼻を合わせる」と考えるのではなく、「おでこを合わせる」って考えましょう。そうすることにより鼻と鼻を合わせやすくなります。
ちなみに、鼻がつく瞬間は目は閉じてます。

<知っておくといいかも>

・メガネは外した方がベター

相手もメガネをかけていた時、メガネ同士が当たってしまい鼻がつきずらいこともあります。

なので私はマラエに行くときは極力コンタクトレンズで行くか、ホンギの時だけメガネを外します。

・部族によってやり方が違います。

鼻をちょっとつけるだけのところもあれば、鼻を付けた状態を数秒間維持し、じっくりと息吹を分かち合うところもあります。
それは、前の人のやり方を見ておく 又は 儀式の前に地元の人にやり方を聞いておくのもいいと思います。

・風邪を引いているときは例外

ホンギをお断りするのは失礼になりますが、例外があります。
それは風邪を引いている場合。うつしてしまいますんで。
そんな時は「風邪ひいているんでごめんなさい」と正直に言って、握手かハグだけにしましょう。



ニュージーランドに住んでるいても、ホンギする機会は今のところはそんなにないかもしれません。が、結婚式、お葬式、入学式、歓迎会などなどのフォーマルな場面で、その時がくるかもしれません。

マオリ語、文化は復活しています。
もっと触れる機会がこれから増えるでしょう。

マオリ文化はニュージーランドの神髄!
観光でニュージーランドにお越しの際はぜひマオリ文化にも触れてみて下さいね!


ではまた!
Mā te wā!(マー・テ・ワー)

先日、クラスで Matariki マタリキ について学びました。

ニュージーランドでは、
この時期になるとよく耳にする言葉だと思います。

何となく知ってるつもりでしたが、学んでみたら新しい発見だらけでした。

Matariki マタリキ って何???

Matariki マタリキ とは プレアデス星雲 のことで、
日本でいう 昴(すばる)です。

私達の先祖が同じ星を見てたって、なんかロマンチックですね。

そして、一般的には Matariki マタリキ は マオリ歴の新年 を象徴しています。

マオリのご先祖様は星を一つの頼りに方向を把握して
ニュージーランドへ渡ってきました。

また、星の動きをみて作物の収穫や次の年の準備などもしていたんです。

マタリキはいつ見れるの?

私、この時期だけしか見れないと思っていたんです。
が、実は他の季節でも見れます。
確かに思い返せば、冬じゃないときに昴が見えると思ったことありました。。。

ただ、4~5月頃に一度見えなくなります。その時期が作物を保存する時期です。

そして、6~7月頃に北東の明け方の空に再び昇ってきます
それがマオリ歴の新年に当たります。
今年(2019年)は6月25日からです。

しかし!マオリ歴の新年の始まりは部族によって違うんです。

マタリキだけじゃない。 新年の象徴 Puanga プアンガ

私が学んでいるマラエのマオリの人達は Puanga プアンガ という 
オリオン座のリゲル を新しい年の始まりとしています。

プアンガ は マタリキよりも 約2週間ほど早く昇ってきます。
今年は6月8日からでした。もう始まってました。

新年!って聞くと、日本のお正月みたいに
掃除して、飾り物して、お祈りしたり、初売りがあったりとかで
なんか盛り上がるのかなー、なんて想像してたんですが、、、

マラエの人達を見てるとそんなに盛り上がってる感じありません。
話題には出ますが、何ならいつもと一緒です。

もちろん、色んな場所でイベントはあります。
講演会とか、野外での儀式などがちょっとあります。
ですが、日本のお正月とは違います。


じゃあ、マオリの新年って何をするんでしょう?

マオリ新年の過ごし方

ニュージーランドの6~7月は冬。

この寒い新年の時期は、
火を起こし、家族で集まって仲を深めて、話を聞いて学んだりします。
そして、次の時期への準備するんです。

マオリ語の先生が言っていた言葉ですが、
「今はエナジーが低くなって体調を壊したり、メンタル的にも落ち込む時期。」

確かに今は風邪が流行っていて、体調崩している人多いです。
やたらめったら出かけるのは避けた方がいいかもしれないですね。

皆様もマオリのご先祖様に倣って
この時期は温かいところで家族や友達と美味しいものでも食べながら
話をして、関係を深めるのはいかがでしょうか?

そして、今の時期にあるマタリキのイベントに参加して
マオリ文化のこと、ぜひ学んでみて下さいね。

<参考>

Museum of New Zealand. (12/June/2019) The difference between Puanga and Matariki. Te Papa. Retrieved from https://www.tepapa.govt.nz

Qiane, M.(12/June/2019). Matariki: what to know about the Māori New Year, and how to celebrate it in 2019. The Spinoff. Retrieved from https://thespinoff.co.nz

2019年 マオリ語/文化のクラスTe Tohu Hiwi (テ・トフ・ヒウィ)が始まりました。


Te Tohu Hiwi は North Tecというノースランドの専門学校のプログラムです。


ノースランド・オークランド地方部族(ンガプヒ・ヌイ・トヌ)の
マオリ語・文化のディプロマを取得することができます。


修了すれば専門学校卒くらいのレベルになれるんです。


覚悟はしてました。


でも、思っていた以上のレベルの高さ。
アセスメントの内容までがすべてマオリ語でしか書いていない!


単語、文法、儀式のやり方、しきたり、などもレベルアップ。
マオリ守護神や神話、マオリの世界観についてさらに深く学ぶようです。

そしてそこに「英語をマオリ語に訳す」「マオリ語を英語に訳す」も。


早速、英語の子供の歌をマオリ語に訳して歌う課題が課せられました。

が、

その歌、聞いたことない。
英語の単語がわからない。。
英語の文法がわからない。。。


ぐわー ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ


クラスメイトは必死になって
マオリ語で英語の文法を教えてくれました。(授業中はマオリ語しか話せません)


なんと複雑な状況。。。


歌も「この歌知ってる?」って聞いてくれて、メロディーを歌ってくれました。

みんな、ありがとう(/_;)


これが私にとって一番の難関になるでしょう。



ここで先生のお言葉が。


今年はグループ発表も沢山あるそうです。
「マオリ語のレベルの違いや知識量の差はあるけれど
みんなで協力していくのもこのプログラムの一環。
誰一人置いて行ってはいけないよ。」

チームワークが重要なんです。


「後輩はあなたたちのこと見てるよ」
今年はLevel3で勉強している人たちの先輩として、私たちはお手本とならないといけません。
なんか日本っぽいですね。






今年もなんとか必死こいて、しがみついていきます。


乞うご期待!

マオリ文化に興味を持つと
マラエに行ってみたいなーと考える方もいらっしゃると思います。

 

Marae マラエ とは マオリの集会所 です。
イメージ的には 教会、お寺、神社、公民館のような場所です。

 

私にも自分のマラエがありますが、
他のマラエも訪れてみたいと常々思っています。

 

なぜなら、マラエの大体の構造は一緒でも
建物の名前、彫刻のデザインや意味などはマラエによって違うからです。

  

そんな訳で、他のマラエを観てみたい!行ってみたいんです!
が、、、それが結構難しいんです。

  

初めてマラエを訪れる際には、通常は Pōhiri ポーヒリ などの
歓迎の儀式を受けないといけません。
その儀式をして初めて、マラエに入ることが許されます。

  

マオリの人に会うと私はよくこの質問をします。

   

「あなたのマラエに行けるチャンスはない?」と。

   

事前に連絡を取り、大人数で行く場合は受け入れてくれることもあるようですが、少人数ではなかなか難しいようです。

Aotearoaholic Toursでも15名~20名様向けのマラエツアーを扱っております。気になる方はこちらをご覧ください。
マラエ体験ツアー→https://aotearoaholic.com/2018/11/25/marae_experience/

   

でも、
「年に数回開催されるイベントの時は一般にもオープンにしてるからマラエに行けるかもよ」 
という情報をゲット!

  

だから、マラエに行ってみたい方はイベントの時がチャンス!

  

注目のイベントは Waitangi Day と  Matariki です。

  

Waitangi Day ワイタンギ・デー  毎年2月6日 です。
マオリと英国が条約を締結した記念日です。

  

Matariki マタリキ  5月下旬から7月頃にあるマオリの新年です。
プレアデス星団(すばる)が明け方の空に見える時期がその新年に当たります。

  

イベントの一番初めに必ずPōhiriが行われます。
Pōhiri  歓迎の儀式 を観たことない人はぜひ観て下さい。
ちょっと日本語にも似た響きのマオリ語、ぜひ聞いてみてくださいね。

 

 

<おまけ>
このブログをアップした日から一番近いのはワイタンギ・デー。

2019年2月6日に行われるイベントの紹介しておきます。

*ただ残念なことに、開催場所の感じからするとマラエには入れないかもしれません。
やっぱりマラエを訪れるのはなかなか難しいですね。
でも Pōhiri はありますし、マオリ文化には触れられますよ。

  

Waitangi Festival 2019 (ノースランド地方)

ワイタンギ・トリーティー・グラウンドで普段は展示されているカヌーNgātokimatawhaorua ンガートキマタファオルア が実際に海に浮かぶところを見ることができます。その他、伝統ダンス、音楽、フードなど盛りだくさんです。
場所:Waitangi Treaty Grounds, 1 Tau Henare Drive, Waitangi, Bay of Islands
詳細:https://www.waitangi.org.nz/dl/Waitangi-Festival-Programme-2019.pdf

  

  

2019 Waitangi Day Ki Okahu(オークランド)

場所:Orakei Domain, 11 Tamaki Drive, Orakei, Auckland
時間:10:00am – 3:00pm  10amポヒリ
ケリータルトン(オークランドの水族館)のすぐ近くが会場です。
Ngāti Whātua Ōrākei ンガティ・ファートゥア・オーラ―ケイ部族とオークランド・カウンシルの共同運営のイベントです。
詳細:https://www.eventfinda.co.nz/2019/2019-waitangi-day-ki-okahu/auckland/orakei

  

  

Waitangi ki Manukau(オークランド)

場所:Manukau Sports Bowl Greyhound Racing Club, Te Irirangi Drive, Manukau City, Auckland
時間:9am-5pm   9amポヒリ
オークランド・カウンシル運営のイベントで Te Wananga o Aotearoa テ・ワーナンガ・オ・アオテアロアが支援しています。
詳細:https://www.eventfinda.co.nz/2019/waitangi-ki-manukau-2019/auckland/manukau-city

   

その他、気になるイベントがありましたら
Aotearoaholic ToursのFacebookでシェアしますので、ぜひフォローしてくださいね。

 

それでは
Ka kite ano! カ・キテ・アノー またね!

ニュージーランドに住んでいたり
旅行でマオリのセレモニーを観に行ったことがある方は
聞いたことがあるかもしれません。

マオリ文化をお話しするには Tapu タプ と Noa ノア は不可欠です。

バシッと訳せる言葉がないのでイメージで捉えて頂ければと思います。

 

Tapu タプ

神聖 スピリチュアル 守護神 先祖 制限された 守られた あの世

ここでは「神聖」と表わすことにします。

 

Noa ノア

日常 通常 普通 制限のない 安全な この世

ここでは「日常」と表わすことにします。

 

この概念は マオリ文化においてとっても重要 です。

ニュージーランドには「神聖」なエリアがあります。
そのエリアは 立入禁止 又は 制限されています。

そして、もし「神聖」なエリアに立ち入った際は「日常」に戻す必要があります。

 

この「神聖」から「日常」に戻すことを Hakanoa ハカノア と言います。

それをできるものはこの3つです。

・Karakia カラキア(お祈り)
・Kai カイ(食べ物)
・Wai ワイ(水 ただし飲み水は例外)

 

では、具体的にどこが「神聖」なエリアなんでしょう?
一例をご紹介します。

 

Pōhiri ポーヒリ(歓迎の儀式)

マラエで行われるPōhiri(歓迎の儀式)は「神聖」です。
儀式中の最中は飲食はできません(飲み水はOK)。
そして、儀式の最後に必ず食事があります。

マオリの歓迎の儀式はただその場の人を歓迎しているだけではありません。
Karanga カランガ(呼びかけ)によって死者を呼び寄せ
お互いのご先祖様も含めて歓迎する儀式です。
このように違う世界に近づくので、最後に「日常」に戻すハカノアのプロセスが必要なんです。

そう考えるととっても神聖ですね。

私のマラエの Whare Tupuna「先祖の家」

・Wharenui ファレヌイ

Wharenuiファレヌイ(大きな家)又は Whare tupuna ファレトゥプナ(先祖の家)は
マオリの集会所である一番大きな建物です。この建物の中は「神聖」です。

中では食べ物を食べてはいけません。

マオリの人々はファレヌイには先祖の魂がいると信じています。
そこに「日常」に戻す役割をする食べ物を持ち込むと「神聖」に穴を空けてしまって、
魂が迷ってしまうかもしれないそうです。

あと、これは余談になりますが
建物の中にはご先祖様の写真が飾ってあるのですが、その写真を撮るのもNGです。
いくら写真でもお亡くなりになった方を撮るのは良くないと考えられているようです。

 

・Urupā  ウルパー(お墓) 

お墓も「神聖」な場所です。
出入り口には必ずお水が置いてあります。
お墓から出る際には手を洗い、お水を体に振りかけます。
お水で「神聖」から「日常」に戻します。

日本の禊落としに近いかもしれませんね。

 

何となくTapu「神聖」とNoa「日常」のこと分かって頂けましたか?
この概念がマオリの習慣、儀式を理解するにはとっても重要なんです。

マオリ語の文法にも影響してくるんですよ。

 

ちょっと覚えておいてくださいね。

 

では、
Ka kite anō! カ・キテ・アノー! またね!

 

 

 

マオリ文化に興味があるなーという方。

でもどうやったら学べるのだろう。。。
どこから始めたらいいのだろう。。。と思っている方。

もしよかったらご参考にして頂ければなと思います。

 

Maori TV

マオリTVはニュージーランドのテレビ局の一つです。
マオリ語と文化に重点を置いているのでマオリ語のニュースがあったり、Kapa Hakaのコンテストのライブを放送したり、マオリ色がたっぷり!番組によって英語とマオリ語両方の時もありますし、レベルはさまざまです。

うれしいのはオン・デマンドがあること。(*日本で観られるかはわかりません。)
私は子供用の番組をよく見てます。何回も観れるのもありがたい。
子供向け番組はマオリ語が分からなくても、なんとなーく推測できます。

 

例えば、、、
私の好きな番組は『Waiata mai』
100%マオリ語ですが、何回も観ていたらオープニングの歌が頭から離れなくなります。
このオープニングでは以前に紹介した自己紹介のフレーズが出てきます。

 

Tui! Tui! Ko Tere te tui~♪ トゥイ!トゥイ!トゥイのテレちゃん
Pō! Pō! Ko Kaha te kākāpō~♪ ポー!ポー!カーカーポーのカハちゃん
Ru~ ru~ Rangi te ruru  ルールー ルルのランギちゃん
Keko! keko! Pani te pūkeko ケコ!ケコ! プーケコのパニちゃん

Maori TV Waiata Mai On Demand
URL: http://www.maoritelevision.com/tv/shows/waiata-mai

トゥイ、カーカーポー、ルル、プーケコはニュージーランドの鳥です。
この番組では鳥のぬいぐるみが登場するのですが、その子たちの自己紹介が歌に入っているんですね。
私も勉強中の身なので全部を聞き取れるわけではありませんが、
このフレーズが聞き取れて理解できた時はうれしかったです。

そして気になる単語はMāori Dictionaryで調べます。
そしたら何となくどんな話か、どんな歌を歌っているかが推測できてきます。

 

絵本

オークランドの図書館にはマオリの絵本あります。

私はよく図書館のキッズコーナーに行って、マオリの伝説や神話の本を借ります。
いきなりマオリ語は理解できないので、英語かつ文章が短いものを選びます。
英語が苦手、、、という方でも、文章が短い本は簡単な単語が多いですし、知らない単語も数個だけ。
大人が読む本に比べれば、シンプル、簡潔、超わかりやすいです。
絵も理解するのを助けてくれます。

 

 

例えば、、、
マオリ神話に登場する半神半人のマウイのお話の絵本はたくさんあります。
・マウイが誕生した話
・太陽の動きを遅くした話
・大きな魚(陸)を釣り上げる話 などです。

私はPeter Gossageさんの絵本が好きです。
https://www.penguin.co.nz/authors/peter-gossage/books

ぜひご自分の好きな、読みやすい絵本探してみて下さい。

オークランド図書館のURLはこちら→ https://www.aucklandlibraries.govt.nz/
ちなみにオークランド図書館には色んなところにマオリ語が散りばめられています。
こちらもぜひ探してみて下さいね。

 

Te Wānanga o Aotearoa

Te Wananga o Aotearoa(テ・ワーナンガ・オ・アオテアロア)はNZの教育機関です。
この教育機関が提供するコースの一つにマオリ文化を学べるものがあります。
*NZの永住権、市民権を持っている人限定

レベルが色々ありますが、私は昨年に自宅でこのコースを受けておりました。

それはこれ。↓

He Papa Tikanga(ヘ・パパ・ティカンガ)
詳細はこちら(英語):https://www.twoa.ac.nz/landing/HPT

 

自宅に送られてくる教材の例

どんな勉強ができるかといいますと

 

・初級マオリ語
・マオリの世界観
・マオリの伝統や儀礼   など

 

私はこのコースを受けてマオリ文化にハマっていくことになるのですが、マオリ文化の概要がわかりました。マオリ語も出てきますが、基本は英語で優しく説明してくれています。

このコースは自宅にテキストが送られてきます。
課題があるのですが、それが終わったらチューターと連絡を取るのですが、なんと家まで来てくれます。
聞きたいことがあったらその時に聞くこともできます。
このコース以外にも違うレベルの在宅学習コースと通学コースがあるので、レベルや学びたいことに合わせて選ぶことができます。

 

マオリに関する勉強をしたんですが、
この学びを通して、自分の母国である日本のこと知らないなと実感しました。

実は無意識にしている自分の行動が日本のしきたりだったことに気が付いたりして
他の文化を通して、自分の国の文化を考えるよい機会にもなりました。

 

North Tec

North Tec(ノース・テック)はニュージーランド北島の北部のノースランド地方にある教育機関です。
キャンパスはWhangarei ファンガレイ にありますが、オークランドでもコースを受けられるところが数か所あります。
マオリ語、文化を学ぶならこのコースです。

Te Pōkaitahi Reo/Tikanga
テー・ポーカイタヒ・レオ/ティカンガ
詳細はこちら(英語):
https://www.northtec.ac.nz/programmes/te-reo/te-pokaitahi-reo-rumaki,-reo-rua-te-kaupae-3
https://www.northtec.ac.nz/programmes/te-reo/te-pokaitahi-tikanga-kaupae-3

 

現在、このプログラムを受けている途中ですがかなり実用的です。
週1日通って、月1回週末合宿があります。約一カ月に一回はアセスメントがあります。
英語で少し説明してくれますが、基本はマオリ語で授業は進行します。

ある程度のマオリ文化の知識がないと辛いです。
私もHe Papa Tikangaをやってなかったら、おそらく挫折していたでしょう。
それでもたまに頭を使いすぎてフリーズしてますが、それくらい学ぶことが多くて楽しいです。
バリバリのマオリ語環境なので、本気で学びたい人にはぜひ挑戦して頂きたいコースです。

 

 

チャッピーも勉強を手伝ってくれます。。。

 

 

いかがでしたでしょうか?

私の実践しているマオリ語、文化の学び方をご紹介しました。
まだ日本語でマオリ文化を学ぶ方法は少ないので、基本は英語でマオリ文化を学ぶ方法になります。
このブログが日本語でマオリ文化を学ぶことができる一つのツールになれたらいいなと思っております。
さらに勉強して、少しでも魅力をお伝えできるように頑張ります!

 

乞うご期待!

 

通い始めたマオリ語クラスは一年のプログラム。
5週間ごとでテーマが変わります。

もちろんテストもあります。スピーキングとライティングです。
大変だけど、やりがいがあります。

Tangata 人 と  Moana 海

第一回目のテーマはTangata タンガタ (人)。
主に自己紹介の仕方を習いました。

せっかくなので、私の自己紹介をさせて頂きます。

Ko Tanigawadake te maunga.    コ タニガワダケ テ マウンガ
山は谷川岳。
Ko Tonegawa te awa.        コ トネガワ テ アワ
川は利根川。
Ko Air NZ te waka.         コ エアーニュージーランド テ ワカ
カヌーはニュージーランド航空。
Ko Hapanihi te moana.        コ ハパニヒ テ モアナ
海は日本海。
Ko Mozaemon te marae.       コ モザエモン テ マラエ
集会所は茂左衛門(地蔵尊)
Ko Ngāti Hapanihi te iwi.     コ ンガーティ ハパニヒ テ イウィ
部族は日本人。
Ko Ito te tangata.          コ イトウ テ タンガタ
先祖はイトウ。
Ko Yuka ahau.            コ ユカ アハウ
私はユカです。

基本形: Ko ○○ te  □□.    □□ は ○○。

○○に固有名詞(例:谷川岳)、□□に普通名詞(例:山)がきます。

普通名詞はこちら↓

  • maunga  マウンガ  山
  • awa    アワ    川
  • waka   ワカ    カヌー
  • moana   モアナ   海
  • marae   マラエ   集会所
  • iwi    イウィ   部族
  • tangata  タンガタ  先祖

固有名詞でマオリ語があるものをいくつかご紹介。↓

  • Ngāti Hapanihi  ンガーティ ハパニヒ    日本人
  • Hapanihi (te moana)  ハパニヒ(テ モアナ)   日本海
  • Moana-nui-a-Kiwa   モアナ・ヌイ・ア・キワ   太平洋

山や川、海などを聞けば、その人がどちらの出身か分かります。
私の出身地どこかわかりますか?

ヒントはこの私の足元にあります。

この自己紹介の仕方には困惑しました。

私の先祖って、誰?
山、川、海ってどこだろう?
マラエ(集会所)って何?と。

クラスメイトは「Mt Fujiとかは?」と提案してくれましたが
私自身は富士山にはあまり馴染みがなくて、ちょっと違和感がありました。

先祖なんてわかるの?って思うんですが、
マオリ族は約800年前に他の土地からカヌーで渡ってきた人々。
ご先祖様が誰か、どのカヌーで渡ってきたかが語り継がれていて分かるようです。
マオリではないクラスメイトも先祖や船を分かっている人がいました。

なぜか?
ニュージーランドって元々は人間がいなかったので、絶対に船などで渡ってきてます。だからちゃんと記録に残っていて辿れる人も多いのです。

集会所ですが、日本出身の私には「マラエ」というものがありません。
私のようにマラエがない場合は
「教会や神社、お寺、何かのときに集まるような場所」で良いそうです。
それでもすぐには思いつきませんでした。

逆にあっさりと出てきたのは 部族。
何を今更と思うかもしれませんが、改めて私は日本人なんだなと思いました。
あとカヌーも。
ここでいうカヌーは 船 という意味で「どの船でNZに来たか」を表わします。
なので飛行機でやってきた私の船は ニュージーランド航空(Air NZ) となります。

先祖は誰かまではさすがに突き止められなかったので、旧姓を当てはめることにしました。もし歴史上の人物が自分のご先祖様だったらぱっと言えたかも。

両親にも協力してもらい、リサーチした末、
群馬生まれの私は、小さい頃に遊んだりして馴染みのある場所を
自分の山、川、海、集会所として選ぶことにしました。
それが私の自己紹介になっています。

マオリ語学んでるんですけど、
ついでに自分のルーツを考えるいいきっかけになりました。

 

もしマオリ語で自己紹介する機会あったら、

Ko ○○ te □□.

ぜひ使ってみて下さいね。

 

 

*紹介しているマオリ語は私が学んだことを元にしています。
私の学んでいるマオリ語はノースランド地方の部族、Ngāpuhiの言葉がメインになっています。マオリ語は地域や部族によって単語などが違うこともあります。
私もまだまだ勉強中の身です。もし間違いやご意見、ご質問などありましたらご連絡下さい。

合宿最終日。

早朝に目が覚め、お茶を飲みながら朝食の時間を待ちます。
少しずつ他の人も起きて来て、話をしながら考えました。

@Shakespear Regional Park

今回色んな人と出会ったけれど
クラスを受けに来ているのはマオリの人が結構多い。半数ぐらい。
でも外見では意外に分からないのです。
マオリだと思って聞いたらサモアやクック諸島の人だったり、
ヨーロピアンだと思ったらマオリだったとか、しょっちゅうです。

マオリでもマオリ語を話せる人は少ないんだそう。
なので学びに来ているんですね。

 

親子や夫婦で受けに来ている人もいました。
母親が息子に勧めたとか、夫がマオリの血が入っているからとか。
自分の、または家族の言語を知るために
一緒に学ぶって素敵だなと思いました。

ちょっとびっくり、というか感動したことは
赤ちゃんや子供を温かく迎えてくれるところです。

クラスメイトにはまだ3か月くらいの赤ちゃんがいますが、クラスに一緒に連れて来ます。赤ちゃんを横に置きながら勉強しています。
赤ちゃんは他のクラスメイトが抱っこしたり、話しかけたり、もちろんクラスの人気者。癒されます。

父親と一緒に合宿していた3歳くらいの子もいました。
スピーチの時にうろちょろしたりして、笑いを誘ったりしてみんなを和ませてくれていました。びっくりしたのはその子がマオリ語と英語を話していたこと。
子供はすごいですわ。

これはマオリの文化なのか、この学校の方針なのか、はたまたNZ全体的に言えることなのか。まだはっきり分かりませんが、私はいいことだと思いました。

ミミちゃんもこの半年で色んなことを吸収しているのでしょう。

朝の話だけで長くなってしまいましたが、

前日同様、先生がギターと歌でみんなを起こし、朝食を頂きます。

今日のクラスは12pmまで。
前日は沢山のKupu hou(新しい単語)で頭が爆発しそうでしたが、
最終日はWaiata ワイアタ(歌)の日でした。

みんなで先生のギターに合わせて、歌詞を見ながら歌います。

これはとっても楽しかったです。
どんな歌を歌ったか?

それでは一部をご紹介。

 

He Hōnore ヘ・ホーノレ

これはNZの公立の英語学校に行っている時にも習いました。
Āmine  アーミネ は キリスト教のアーメン のことです。

 

Toro Mai トロ・マイ

これはNZに住んでいる人なら、
もしかしたら聞いたことがある人もいるんじゃないかなと思います。

Hareruia ハレルヤ

(「ia」はイとアを早く言うイメージで「ヤ」になります)
これは聞いたことがあると思います。でももちろんマオリ語バージョンです。

 

歌は習いましたが、まだ意味は分かってないです。
でも、「アーメン」が入っているのはクリスチャンの歌かなと推測できます。
これから毎週練習していくそうです。

これはぜひマスターして、歌えるようになりたいです。
ツアーする時にお客様にお披露目できるように頑張ろうと思います。

 

こうして、最終日は終了。

合宿は2泊でしたが、一週間過ごしたんじゃないかって思うほどの濃い週末でした。
帰ってもずーーーっと頭の中では歌が流れていました。

気に入った曲は、子供のように同じ曲をリピートしまくりで聞いています。
歌って楽しいですし、ただ暗記するよりも頭に入ってきますね。
これは英語でも使えるんじゃないかな。。。

 

よーし!
マオリ語話せるように頑張るぞー!

 

これからもクラスを通して学んだことや感じたこと、ブログご紹介していく予定です。

 

乞うご期待!

 

☆おまけ☆ 今日のKupu hou

Waiata ワイアタ (歌)

 

 

 

マラエで迎える朝。合宿2日目。

緊張してるからか、早く目が覚めて朝の準備していました。

ここでちょっとびっくりなことが!

オークランド中心部から北へ車で約30分のところにある町、オレワ。

朝食の時間の30分前、
先生達が来て、突然ギター弾きながら歌い始めみんなを起こしました。
生演奏が目覚ましだなんて、なんて贅沢な朝!?
なんの歌かはまだわかりませんが、爽やかな一日の始まりでした。

 

2日目は地元の高校で授業が行われます。
ここでも初めての場所だからかな?Pōwhiriがありました。

 

この日のクラスは一番大変でした。。。Kupu hou (新しい単語)の嵐。

始めは「色」の単語から。
色は知っていたので、ちょっと自信あったのですよ。
しかし、クラスが進むにつれ少しずつ雲行きが怪しくなってきます。
覚えていたのと違う単語がどんどん出てきます。

例えば、、、
青 は kahurangi カフランギ と覚えていたのに Purū プルー
緑 は kākāriki カーカーリキ だと思っていたら Māota マーオタ

どうやらマオリ語にも方言があり、地域によって単語が変わるようです。
Kahurangiやkākārikiはどこの訛りかはまだ分かりませんが、
今、クラスで学んでいるのは北島ノースランドの訛りのようです。

私の自信は崩壊。頭の中は大混乱。

何度も言いますが、クラスはマオリ語で行われます。
説明もマオリ語。生徒もマオリ語でしか話せません。

なので、「分からない」とか「もう一回言って」とか「なんで?」も
マオリ語で言わないといけないんです。が、私はまだその力がありません。
私にはまだ先生やクラスメイトが言っていることが
さっっっぱり理解できないし、返事が全くできないんです。

もやもやしているイメージ。

なんだか約10年前、オーストラリアに短期語学留学したときのこと思い出しました。

あの時の私の英語力はかなり低く、クラスで何やってるかもわからず
色々な感情が入り混じって涙が出てきました。
ホストマザーが心配して「どうしたの?」って声をかけてくれたのに、
それさえも英語で答えられなくて泣くしかなかったんです。

そんな忘れかけていた思い出が蘇ってきました。

 

ギリギリ泣きませんでしたが、相当追い詰められた顔をしていたのでしょう。
先生もクラスメイトも
「よくやってるよ。」「単語を覚えるのは大変だよね」と言ってくれました。
たぶん。。。マオリ語なのではっきり分かりませんでしたが。

 

他にも自己紹介「山は○○で、川は△△で、、、私は□□です。」とか
「○○を取って下さい。」「○○を返してください」も学びましたが
これは後々紹介していこうと思います。まだきちんと理解できてないので。

 

この日はもう疲れて頭がフリーズ。
かなりいっぱいいっぱいでしたが、なんとか乗り切りクラスは終了。

ほっとしたのもつかの間「Skitが今晩あるので、クラスで何するか決めてね」と。

Skitって何???

よく分からないまま、クラスメイトに助けてもらいやることを決めます。
どうやら今日学んだことの成果を見せる発表会のようです。

決まりごとは
・今日学んだことを組み入れる。
・マオリ語のみ。
・1曲歌を歌う。

みんながアイディアをさっと出して、意外にあっさりと決まり練習。
効率いい。

 

夕方にマラエに戻り、夕食です。
待ってました!Hāngī ハーンギー!
この合宿の時のものではありませんが、見た目はこんな感じの料理です。

Hāngī@Tamaki Herenga Waka Festival 2018

Hāngī ハーンギー はマオリの伝統的な料理。
地面に穴を掘り、そこに熱した石、葉や布などで包んだ食材を入れて、蓋をし、蒸し焼きにします。温泉が有名なロトルアなどでは、温泉の蒸気を使って作っていたりもします。現在は家庭のオーブンで作ったり、専用の蒸し器で調理するそうです。
中身はチキン、ポーク、ジャガイモ、サツマイモ、キャベツなど。
お肉はやわらかく、野菜は甘くておいしいです。

 

お腹もいっぱいになって一休み。
疲れて寝ている人もいました。やっぱり疲れているのは私だけではないようです。

 

ちょっとゆっくりして復習などしている間に、外も暗くなって発表会の時間に。
自分たちのグループが一番最初。
多少練習通りにいかなかった事もありましたが、成功だったと思います。
終ってしまえば気は楽で、他のクラスの発表をみるのは面白かったです。

特に2年生の発表はけっこう凝っていて、演劇を観ているようでした。
言ってることは全然分かりませんでしたが、圧倒されたり、大笑いしたり
とても楽しかったです。

あと、年齢や職業も違う大人たちが本気で取り組んでいる姿は
活き活きとしていて、超かっこよかったです。

 

こうして2日目は終了。
最終日は何をするのかなー。

 

乞うご期待。

 

☆おまけ☆ 今日のKupu hou(新しい単語)

・Ka pai カ・パイ (よくできました/いいね)